Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
23
Help us understand the problem. What is going on with this article?

More than 5 years have passed since last update.

@taka011239@github

go1.4で追加されたinternal packageについて

概要

internal packageはgo1.4で追加されたものです。
Goでのアクセス制御は、大文字で始まるものがpublic、小文字で始まるものがprivateの2種類でしたが、
internal packageを使うことによって、package privateにすることができるようになりました。

背景

以下のような問題を解消するために、internal packageは追加されました。

  • パッケージ外非公開とするために、標準ライブラリ内でコードが重複するケースがあった

net/httpを例に上げると、go1.3では、chunked.goという全く同じファイルがnet/httpnet/http/httputilに2つ存在していました。

ソースコードにも、下記のようなコメントがあったりして残念な感じでした。

// This code is duplicated in net/http and net/http/httputil.
// Please make any changes in both files.

go1.4では、この重複はnet/http/internal/chunked.goとして1ファイルにまとめられています。

  • goのmain repositoryのに必要な外部packageを、標準ライブラリに含めたくない

cmd/internalにあるrsc.io/x86/x86asmrsc.io/arm/armasmとか。

  • compileをself hostingするとき、標準ライブラリには含めないlibrary packageを書く方法が必要になるはず

仕様

パッケージパスにinternalが含まれる場合、import側はinternalディレクトリのあるパッケージと同一パッケージ内でなければいけません。

注意
ユーザのワーキングディレクトリ(GOPATH)では、まだ使えません。
様子を見て、go1.5以降からGOPATHにも適用されるようです。

以下は、net/httpパッケージの例です。
go1.4から新たにinternal packageが追加されています。

このinternal packageは、net/http以下のpackageでのみimportできます。
net/urlnet/rpcなどからはimportできません。

src/net/http
├── cgi
│   └── testdata
├── cookiejar
├── fcgi
├── httptest
├── httputil
├── internal
├── pprof
└── testdata

はやく、GOPATH以下でも使えるようになるといいですね。

参考

go1.4 Release Note#internal packages

go1.4 Internal Packages design doc

23
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
23
Help us understand the problem. What is going on with this article?