Posted at

Datadogの課金体系について

datadogを利用しているのですが、課金体系がいまいち理解できていなかったので、機能の復習もこめて整理を。

※英語しかなかったので・・・

※2019/06/26 現在の情報です

https://www.datadoghq.com/pricing/

※分からない場合はサポートに問合せ・・・


課金対象


  • Infrastracture

    ⇒いわゆるインフラ監視

  • APM(Application Performance Monitoring)

    ⇒アプリケーションの可視化(スループットやレイテンシ等のパフォーマンストレース)

  • Log Management

    ⇒ログ管理・解析

  • Synthetics(外形監視)

    ⇒API Test / Brower Testをして応答コードや応答時間を監視


Infrastructure

ライセンス種類によって提供機能が異なります。


Free


  • $0

  • 基本的なデータ収集と可視化

  • サポートはコミュニティフォーラムのみ

  • メトリクス(モニタリングデータ)の保持は1日

  • 最大5ホスト


Pro


  • 月額1ホスト:\$18 ※年間契約で$15/月

  • システムとサービスの監視を集中管理

  • 300以上のコミュニティ インテグレーションの利用

    ⇒MWにあったデータ収集(プラグイン的な)

  • カスタマイズ可能なダッシュボード

  • メトリクス(モニタリングデータ)の保持は15ヶ月


Enterprise


  • 月額1ホスト:\$27 ※年間契約で$23/月

    ※100ホスト以上から

    ※500ホスト以上からボリュームディスカウント

  • 高度な機能と統制管理

  • 機械学習ベースのアラート発報

  • ライブプロセス

    ⇒プロセス状況のリアルタイム可視化

  • プレミアムサポート


機能一覧

#
Free
Pro
Enterprise

イベントと基本的なメトリクス
最大5ホスト

すぐに使えるダッシュボード


300以上のインテグレーション


ホストとコンテナのマップ


エンタープライズレベルのセキュリティ


無制限のユーザアカウント数


モニタリングデータの保持期間
1日
15ヶ月
15ヶ月
(カスタマイズ可能)

アラート発報
×
無制限
無制限

コンテナ監視
×
10コンテナ/ホスト
20コンテナ/ホスト
(カスタマイズ可能)

カスタムメトリクス
×
100個/ホスト
200個/ホスト
(カスタマイズ可能)

SAMLでのSSO
×

外れ値の検知(異常値検出機能)
×

watchdog
※AIベースの課題自動検出
×
×

異常の検出
×
×

予測モニタリング
×
×

プロセスのリアルタイム監視
×
×

高度な管理ツール
×
×

※サービスとサポート
Free
Pro
Enterprise

コミュニティフォーラム
オンラインドキュメント


トレーニングビデオ


技術サポート
×
チャット、メール
チャット、メール、電話

技術研修?
×
×


APM(Application Performance Monitoring)


APMと分散トレーシング(月額制)


  • 1ホスト単位:\$36 ※年間契約で\$31/月

  • 1ホストあたり100万APMイベント(トレース検索と解析)を含む


トレース検索と解析(追加分、月額制)


  • 1ホスト単位、100万APMイベント毎:\$1.52 ※年間契約で$1.27


基本機能


  • マイクロサービス、ホスト、コンテナに渡る分散トレーシング

  • 各サービスのエンドポイント、データベースクエリのスループット、待ち時間、エラーを可視化できるダッシュボード

  • 対応言語:Java / Ruby / Python / Go / Node など

  • アプリケーション、インフラ、およびカスタムメトリクスのカスタマイズ可能なダッシュボード、アラートを一元管理

  • コンテナID、ホスト、ユーザID、トランザクション値、顧客ID、製品のメタデータでトレースし、自動的にタグ付け

  • タグを使用した、特定のAPMイベント(リクエスト)検索

  • カーディナリティ検索

  • インフラ、ログとのシームレスな解析、検索

  • 技術サポート(チャットとメール)


Log Management


月額制(月 100万ログイベント)


  • 7日間保持:\$1.52 ※年間契約で$1.27/月

  • 15日間保持:\$2.04 ※年間契約で$1.70/月

  • 30日間保持:\$3.00 ※年間契約で$2.50/月


基本機能


  • 多面的な全文検索

  • 50以上のインテグレーション

  • カスタムされた処理とパーサ

  • ログ分析とダッシュボード

  • リアルタイムの警告・発報

  • 制限無しでのログ記録(但し$+0.10/GB)

  • AWS S3へのログアーカイブ

  • 技術サポート(チャットとメール)


Synthetics(外形監視)


APIテスト


  • 月額10,000テスト実行:\$6 ※年間契約で$5/月

  • サイトの可用性を予防的に監視

    ⇒MTTRの短縮

  • SLA/SLOの監視

  • ロケーションとhttp request methodの選択


ブラウザテスト


  • 月額1,000テスト実行:\$15 ※年間契約で$12/月

  • ブラウザによるテストケース作成(Webレコーダー)

  • スクリーンショット取得


基本機能


  • サイトの稼働時間と、待ち時間をトレース

  • グローバルなパフォーマンス監視

  • DNS、SSL、TTFBなどの待ち時間の表示

  • 技術サポート(チャットとメール)


概算

6 ホスト (LBx2 / Webx2 / DBx2)


  • Infrastructure(Pro):6 * \$18 = $108(¥11,500)/月

  • APM:6 * \$36 = \$216(¥23,100)/月

  • Log:6 * \$1.52 = \$9.12(¥975)/月

    ⇒ 1 ホスト 1M / 月

  • Synthetics(API):(60 min * 24 hour * 30 day) / 10,000 * \$6 = \$25.92(¥2,770)

    ⇒ 1分毎(ロケーション毎の課金か?)

  • Synthetics(Browser):(60 min * 24 hour * 30 day) / 1,000 * \$15 = \$648(¥69,300)

お値段だけみると監視にこの値段は・・・

と思いますが、この機能を実装に対するリソース(サーバやNW)、構築工数、時間を考えるとお値段以上ですかね。

トライアルを有効活用して本番導入をご検討ください。