JavaScript
GoogleAppsScript
gas
初心者
linebot

【GAS修行④】明日のスケジュール報告で忘れ癖解消BOTをLINE Notifyで作成

・GAS熟練者への道。
・先人達のコードの「写経&コピー」の駆使の成果物のまとめ。
・第四弾
第一弾第二弾第三弾はこちら。

経緯

・「四回目。」
・「まだまだ参考アプリがあるとは、オープン社会の素晴らしさは身に染みるほど体感。」
・「今回は、簡単だけど、すごく便利なものにしよう。」
→そういうわけで、今回もサンプルアプリと仏様サイトを発見。
https://qiita.com/imajoriri/items/e211547438967827661f
→「また参考(※マルコピ)に作るか。」
→取り組み開始。

概要

  • 毎朝、Googleカレンダーの明日のスケジュールをLINEで教えてくれる。
    →忘却名人脱却。

結果

・実際の画面はこちらです。

キャプチャ.png
image.png

作成環境

  1. Google App Script
  2. LINE Notify

手順(Google Apps Script、LINE Notifyの設定は第一弾と一緒)

Google Apps Scriptの設定

  • Googleドライブからスクリプトエディタを起動。
    ※Googleアカウントを持っていない人は、作成する。
    • Googleドライブを起動
    • 「新規」→ 「その他」→「アプリを追加」の順にクリック。
    • アプリ検索欄に「script」と入力して検索。
    • 検索結果に「Google Apps Script」が表示されるので、そこの「接続」ボタンをクリック
    • 改めて「新規」→ 「その他」の順にクリックしていくと、「Google Apps Script」が表示されているので、クリック。
  • 起動したプロジェクトに名前をつける
    ※プロジェクト名が反映されるわけではないが、自分がわかる名前をつける。
    →保存されたら一旦置いておく。

LINE Notifyの設定

  • LINE Notifyのトークンを発行。
    • LINE Notifyにアクセスして、自分のLINEアカウント情報でログイン。
    • ログイン後、マイページを開く。
    • マイページ内の「トークンを発行する」ボタンをクリック
    • 「トークン名」「通知先のトークルーム」を設定する。
    • 設定後、「発行する」ボタンをクリックして、トークンを発行。
    • 発行されたトークンをコピーして、控えておく。
  • LINE Notifyを設定したトークルームに招待する。

Googleカレンダーの設定

  • GoogleカレンダーIDを取得。
    • Googleカレンダーにアクセス。
      ※使用していない人は、動作確認のため、明日のスケジュールだけでも入れましょう。
    • Googleカレンダーページ内の左側のマイカレンダーメニューの「点3つ」から「設定と共有」をクリック tempsnip.png
    • カレンダー設定ページに遷移後、ページ下部にある「カレンダーの統合」欄の「カレンダーID」をメモしておく。
      ※大体、カレンダーIDは自分のメールアドレスとなっている。 image.png

コード

  • 先程のスクリプトエディタに戻り、下記のコードをコピーして、保存。
line-tommorow-calendar.gs
function myFunction() {
  // カレンダーID
  var calId = "GoogleカレンダーIDを書く。";
  // LINE Notifyのアクセストークン
  var key = "LINE Notifyのアクセストークンを書く。";

  var url = "https://notify-api.line.me/api/notify";

  var cal = CalendarApp.getCalendarById(calId);
  var now = new Date();
  var tomorrow = new Date(now.getFullYear(), now.getMonth(), now.getDate() + 1);
  // googleカレンダーより明日の予定を配列で取得。
  var tomorrowEvent = cal.getEventsForDay(tomorrow);

  // LINE Notifyに送るメッセージ
  var msg = "";
  // 予定がない時
  if(tomorrowEvent.length === 0){
    msg = Utilities.formatDate(tomorrow,"JST","yyyy/MM/dd") + "は、、、\nなんと予定はありません。\nやったー(*^▽^*)(*^▽^*)";
  }
  // 予定がある時
  else{
    msg += "\n" + Utilities.formatDate(tomorrow,"JST","yyyy/MM/dd") + "はね、、、\n「" + String(tomorrowEvent.length) + "」件の予定があるよ。\n頑張ってね(*^^*)\n\n";
    msg += allPlanToMsg(tomorrowEvent);
  }

  var jsonData = {
    message: msg
  }

  var options =
  {
    "method" : "post",
    "contentType" : "application/x-www-form-urlencoded",
    "payload" : jsonData,
    "headers": {"Authorization": "Bearer " + key}
  };

  var res = UrlFetchApp.fetch(url, options);
}

// イベントの配列をテキストにして返す
function allPlanToMsg(events/* array */){
  var msg = "";
  events.forEach( function(event, index){
    var title = event.getTitle();
    var start = event.getStartTime().getHours() + ":" + ("0" + event.getStartTime().getMinutes()).slice(-2);
    var end = event.getEndTime().getHours() + ":" + ("0" + event.getEndTime().getMinutes()).slice(-2);
    // 予定が終日の時
    if( event.isAllDayEvent() ){
      msg += String(index + 1) + "件目: " + title + " 終日の予定です。\n\n";
      return;
    }
    msg += String(index + 1) + "件目: " + title + " " + start + "~" + end + "\n";
  });
  return msg;
}

※以下の項目を自分のものに変えるのを忘れない。
   ・GoogleカレンダーID(先程メモしたもの。)
   ・LINE Notifyのアクセストークン(先程メモしたもの。)

  • 自分のコードに書き換えて保存後、「myFunction」関数を実行して、通知確認。
    • スクリプトエディタ内の上部メニューの「関数名」の部分を「myFunction」に変更して、二つ左の「▶」ボタンで実行。
  • 通知確認後、指定の時間にコードを実行してもらうために、トリガーを設定。

    • スクリプトエディタのタブメニューの「編集」→ 「現在のプロジェクトのトリガー」をクリック。
    • トリガーを作成して、下記の画像のように設定。(※時間は自由に設定。) image.png
    • 保存。
  • 完了。

まとめ

・過去のものよりは、比較的簡単だが、それに伴う効果は非常に高いと実感。
・これで、忘却名人脱却で、仕事名人へもだいぶ近づいたのではないかと、うぬぼれ。
・これを見てくださるエンジニアの皆様、「俺はこういう実装をして、更に格が違う仕事人間だぞ」「お前もひよっこだな」という意見等あれば、是非教えていただけると幸いです。

参考