Linux
Terminal
コマンド
初心者

【情報整理③】日々の検索に疲弊しきった私のための、基本的なLinuxコマンドの整理②

・Netflixによって世界中から人気を博している「こんまり」さんに、多大な影響を受けて情報整理をしていく記事第三弾。

・やはり見掛け倒しの整理術は、心の済んだ方々にはすっかり見破られるが、それでもとことん表面的生活を貫く意思の強い私。

・今回も、膨大なLinuxコマンドを二・三回に分けて、記録していくことにしよう。

情報整理第一弾はこちら

Linuxコマンド整理第一弾はこちら


Linuxコマンドメモ②


変更系


前提知識

・ファイルやアクセス権限確認方法

・ls等での情報表示の際に、ファイルの左に表示される下記の例で確認。

例:drwxrwxr-x

→左の一文字がファイルかディレクトリかを表す。

→次の三文字が所有者のアクセス権限を表す。
 r : 読み取り可能
 w : 書き込み可能。
 x : 実行可能。
※つまり、この例ではすべての権限が可能。

→次の三文字がグループユーザーのアクセス権限を表す。
 r : 読み取り可能。
 w : 書き込み可能。
 x : 実行可能。
※つまり、この例ではすべての権限が可能。

→最後の三文字がその他ユーザーのアクセス権限を表す。
 r : 読み取り可能。
 w : 書き込み可能。
 - : 実行以外可能。
※つまり、この例では読み取りと実行のみの権限が可能。


chmodコマンド

・ファイルやディレクトリの権限変更

chmod アクセス権限 ファイル名

※例(アクセス権限をすべての利用者がすべての権限を持つように設定)

chmod 777 test.sh

・ファイルやディレクトリの権限変更(利用者とアクセス権限指定)

chmod ユーザー 追加か解除か アクセス権限 ファイル名

※例(現在のアクセス権限のその他ユーザーの権限から実行権限を解除)。

※ugoa(ユーザー、グループ、その他ユーザー、全て)。+-=(追加、削除、指定)。rwx(読み込み、書き込み、実行)。

chmod o-x test.sh

・ファイルやディレクトリの権限変更(実行結果も表示)

chmod -v アクセス権限 ファイル名


chownコマンド

・ファイルやディレクトリの所有者変更

chown 所有者名 ファイル名またはディレクトリ名

・ファイルやディレクトリの所有者変更(実行結果も表示)

chown -v 所有者名 ファイル名またはディレクトリ名


ユーザー管理系


全ユーザー確認コマンド

cat /etc/passwd


指定ユーザー確認コマンド

grep ユーザー名 /etc/passwd


全グループ確認コマンド

cat /etc/group


sudoコマンド

・スーパーユーザー(root)でコマンド実行

sudo コマンド


useraddコマンド

・ユーザーの新規作成

useradd ユーザー名

・ユーザーの新規作成(グループを新規作成しない)

useradd -N ユーザー名

・ユーザーの新規作成(グループ指定)

useradd -g グループ名 ユーザー名


passwdコマンド

・パスワード設定

passwd ユーザー名

・パスワードロックで、ログイン無効化

passwd -l ユーザー名

・パスワードロック解除

passwd -u ユーザー名


userdelコマンド

・ユーザー削除

userdel ユーザー名

・ユーザー削除(ホームディレクトリも削除)

userdel -r ユーザー名

・ユーザーの新規作成

userdel ユーザー名


usermodコマンド

・ユーザー編集(基本)

usermod ユーザー名 オプション

・ユーザー編集(ユーザーのグループ変更)

usermod -g ユーザー名 グループ名

・ユーザーをロックする。

usermod -L ユーザー名

・ユーザーロックを解除する。

usermod -U ユーザー名


groupaddコマンド

・グループの新規作成

groupadd グループ名

・グループの新規作成(パスワード付き)

groupadd -p パスワード グループ名


groupmodコマンド

※必ずオプションをつけて実行。

・グループ名の変更

groupmod -n 変更後グループ名 変更するグループ名

・グループパスワードの変更

groupmod -p 変更後パスワード 変更するグループ名


groupdelコマンド

・グループ削除

groupdel グループ名


idコマンド

・ユーザーID情報確認

id ユーザー名


テキスト操作系


cutコマンド

・指定バイト数で分割

cut -b バイト名 ファイル名

・指定項目数で分割。

cut -f 項目数 -d 区切り文字 ファイル名


sortコマンド

・データを昇順に並び替える。

sort ファイル名

・データを数値で並び替える。

sort -n ファイル名

・データを降順に並び替える。

sort -r ファイル名

・データを大文字と小文字関係なく並び替える。

sort -f ファイル名


wcコマンド

・ファイル内のテキストの大きさ表示

wc ファイル名

※出力例

4  3 18 hello.txt

→左が行数。真ん中が空白区切りの単語数。右がファイルサイズ(バイト)

・複数ファイルのテキストの大きさ表示

wc ファイル名1ファイル名2・・・


まとめ


  • 今回は、Linuxコマンドメモの第二回目ということで、合計で膨大な数なのに、まだ先の見えないほどの容量を持ち合わせていることに、寛大な心で受け止めながら、ふわふわ気分で記事を書く。

  • 整理とは名ばかりの、ただの検索と暗記からの避難策であるという、返答困難な事実とこれっぽちも向き合うことなく、ひたすら自我を通す徹底ぶり。

  • 今回のコマンド整理も次で最後になりそうなことを、年甲斐もなく無心にはしゃぎながら、また調査という名の無駄遊びをしていくことにしよう。


参考