GoogleAppsScript
gas
clasp

5分で作るclaspを使ったGoogle Apps Scriptの開発環境

❄️Google Apps ScriptはGoogleが提供するスクリプトエディタでコーディングできるが、好きなエディタを使えない、Gitで管理できない等の問題がある。そこで便利なのが、ローカルで開発できるようにしてくれるGoogle製のツール「clasp」だ。本稿ではこれを使った5分程度でできるGoogle Apps Scriptの開発環境構築法を説明する。

本稿ではできるだけ環境構築の手間を省くため、gas-clasp-startarを使用する。そのため本稿で構築する開発環境は次の技術基盤を採用したものになる。

  • TypeScript
  • Webpack
  • TSLint, Jest, Prettier

claspをインストールする

yarnコマンドでインストールする。

yarn add global @google/clasp

claspでログインする

下準備としてGoogle Apps Script APIの設定画面を開き「オフ」になっているところを「オン」にしておく。

次のコマンドを実行してログインする。

clasp login

claspでプロジェクトを作成する

mkdir my-first-google-app-script
cd my-first-google-app-script
clasp create my-first-google-app-script

プロジェクト雛形「gas-clasp-startar」を使う

ゼロからGAS用の技術基盤を整えると手間であるため、@howdy39氏が公開しているGoogle Apps Script開発用のテンプレートプロジェクト[gas-clasp-starter]を使う1

先程clasp createで作られた.clasp.jsonを開き、scriptIdをメモした上で、一旦すべてのファイルを消す。

❯ cat .clasp.json
{"scriptId":"1pyPMHvGPLh7PcCphJxQ_WuX5Tf6istejbdU5XxuntoBpCDvXtGTB6GrP"}
❯ rm .clasp.json appsscript.json

空っぽになったディレクトリに[gas-clasp-starter]をgit cloneする:

git clone --depth=1 https://github.com/howdy39/gas-clasp-starter.git .

依存するnodeモジュールをインストールする:

yarn

.clasp.jsonを開き、メモしておいたscriptIdを転記する:

.clasp.json
{
  "scriptId": "1pyPMHvGPLh7PcCphJxQ_WuX5Tf6istejbdU5XxuntoBpCDvXtGTB6GrP",
  "rootDir": "dist"
}

これでgas-clasp-startarのセットアップが完了となる。

Google Apps Scriptを実行する

GASの実行はGoogleのサーバでないと実行できない。そのためローカルで書いたコードはGoogleにpushして実行する必要がある。

まず、yarn buildでTypeScriptで書かれたGASを.gsファイルにビルドする:

yarn build

次に、clasp pushでGoogle Apps Scriptにビルドされたスクリプトを送る:

clasp push

最後に、clasp openを実行するとブラウザでスクリプトエディタが開くので、「実行」ボタンを押してスクリプトを実行する。「gas-clasp-startar」がデフォルトで生成するGASは、スプレッドシートを新規作成するものなので、実行の結果はスプレッドシートを開いてみると分かる。

clasp open

Google SpreadSheetを開くと、新しいスプレッドシートが生成されているはずだ。