Edited at

自動計算と条件書式を組み合わせてレコード番号が奇数の背景色を変更する(プラグイン『機能拡張スタンダード All-In』)

More than 1 year has passed since last update.

kintoneプラグイン『機能拡張スタンダード All-In』自動計算・条件書式を使用します。




概要

自動計算で、一時変数にレコード番号の2の剰余を代入します。

条件書式の一覧画面指定で、一時変数の値が1のレコードの背景を変更します。


自動計算の設定



代入先に 一時変数の#A を指定。

演算内容は

 1行目 演算項:レコード番号

 2行目 演算:剰余

     演算項:2(直接入力)


条件書式の設定



対象フィールドセットで全てのフィールドを選択し、「レコード詳細」のトグルボタンをクリックしてオフにします。

条件判定にて、#A が 1 と等しい場合 に指定。

「BG」でカラーを指定します。(※カラーピッカーで選択できます)


結果の一覧画面


応用について

この設定内容のポイントは、自動計算の結果を条件判定に使うという点です。

自動計算の計算処理は条件判定よりも必ず先に処理されます。

これにより、複数のレコード入力値を条件とした判定を行うことができます。

・振込先銀行Aの支店1は文字色が青、振込先銀行Aの支店2は文字色が緑

・商品名Cの発注で納期が10日以内

といった判定を行うことができます。

また条件書式だけでなく、フィールドの非表示や編集可不可などフィールド属性にも、自動計算結果を条件判定を利用することができます。



このプラグインの機能について

自動計算・自動採番

郵便番号住所検索

条件書式

フィールド属性

選択数制御

レコード一括更新

自動計算によるレコード一括更新