Edited at

Datadog Infrastructure の課金を止める

Datadog APM (Application Performance Management) の機能だけを使いたい時も Datadog Agent は動かしておく必要がある。

Datadog Agent を動かすと自動的に Datadog Infrastructure へのメトリクス送信が走って課金されるのでそれを止めたい場合はどうするか。そもそもできるのかという話。


Datadog Agent での無効化

ドキュメントには載ってなさそうだが、Datadog Agent v6.4+ で可能とのこと。

ソースコードでいうとこの辺 https://github.com/DataDog/datadog-agent/blob/d64e4532289c599a47ef091ceab15e4aefa3a660/pkg/config/config.go#L192-L195

設定ファイルで設定する場合


datadog.yaml

enable_payloads:

series: false
events: false
service_checks: false
sketches: false

環境変数で設定する場合

DD_ENABLE_PAYLOADS_EVENTS=false

DD_ENABLE_PAYLOADS_SERIES=false
DD_ENABLE_PAYLOADS_SERVICE_CHECKS=false
DD_ENABLE_PAYLOADS_SKETCHES=false


GCP Integration からの除外

GCP Integration を有効化していると標準で Infrastructure Metrics を取り込んでしまうのでそれも無効化する必要がある。

terrafrom で設定を表現すると、以下のように host_filters に存在しないタグを指定すれば収集対象から外れる。

resource "datadog_integration_gcp" "integration_gcp" {

project_id = var.gcp_project_id
private_key_id = var.gcp_private_key_id
private_key = var.gcp_private_key
client_email = var.gcp_client_email
client_id = var.gcp_client_id

host_filters = "something_does_not_exist"
}


確認

1日待っても https://app.datadoghq.com/infrastructure を見るとゴミのようなホストが残っていたが

image.png

数日待ったのちに https://app.datadoghq.com/account/usage を見るとしっかり数が減っていたので課金対象から外れたことがわかる。

image.png