Android Thingsを触ってみる

  • 7
    Like
  • 0
    Comment

Android Thingsが気になっているので、Getting Started with the SDK Previewを参考に触ってみます。

はじめに

私は、Androidアプリ作成経験なし、Javaを使ったプログラミングもほぼ経験なし。という状況です。

今回使用する環境は下記の通りです。

  • MacBookAir
    • MacOS10.11
    • Android Studio 2.2.3
  • RaspberryPi3

Android Studioのinstall & アプリ作成

Androidアプリを作成したことないので、Android Studioのinstallから始めます。
Android StudioでAndroidアプリを作成

Raspberry Pi3に、Android Things imageをinstall & 起動

基本的に下記の手順通りにすすめます。
https://developer.android.com/things/hardware/raspberrypi.html

ポイントは下記。

  • 該当のzip fileをMacで解凍する場合、unzipではうまく解凍できないので、私は、p7zipを使用しました。(上記手順でThe Unarchiverが紹介されていることを後で気づきました)
 brew install p7zip
 7z e androidthings_rpi3_devpreview_1.zip
  • Raspberry Pi3に、imageを入れたmicroSDカードを挿入し、イーサネットのケーブルを接続して、電源をいれると下記の画面になります。
    • 画面はこれ以上は変化ありません。
    • 最初は、イーサネットでDHCPでIPが割り当てられます。(最初は、wifi側はIPは割り当てられていません。下記画像はadbコマンドでwifi設定後のものです)

IMG_6343.JPG

サンプルアプリを実行

  • 下記を参考に実際に、AndroidThingsアプリを作成しました。AndroidThingsのイメージがやっとできました。
    Android Things 用の空のプロジェクトの作り方

  • AndroidStudioのlog(logcat)に、無事、Available GPIOの情報が出力されました。

androidstudio.png

  • 参考までに、上記AndroidThingsアプリをRaspberryPi3にinstall後の画面は下記の通りです。
    • アプリのUIとしては文字列を表示しているだけで、他には何もしていないので、特に面白くないです。

IMG_6345.JPG

参考