Help us understand the problem. What is going on with this article?

UILabelでのテキスト表示をリッチにする

More than 5 years have passed since last update.

UILabelはiOSアプリ開発において使用頻度の高いUIコンポーネントですが、カユいところに手が届かなかったりします。例えばテキストの一部だけ強調表示したい、色を変えたい、フォントを変えたいといったHTMLのような使い方ができません。

iOS6以上であれば、attributedText というNSAttributedStringオブジェクトをセットできるプロパティを標準で持っているので、そのままでテキストの装飾が可能なのですが、残念ながらiOS5以下では使えません。

OHAttributedLabelとTTTAttributedLabelは、そんなUILabelの機能を拡張するOSSです。

OHAttributedLabel

特長

NSAttributedString をラップして UILabel に持たせたもので、テキストの一部だけフォントや色を変えたり、リンクの付与といった指定が簡単にできるようになります。

OHAttributedLabel の使用例

また、 iOS6のテキスト装飾の手順と同じ(NSMutableAttributedString オブジェクトを作成して attributedText プロパティにセットする)で、シンプルでわかりやすいAPIも特長です。

使用準備

  1. ソースコードをダウンロード https://github.com/AliSoftware/OHAttributedLabel
  2. クラスファイル一式をプロジェクトに追加
    OHAttributedLabelフォルダ配下にあるクラスファイルをすべてプロジェクトに追加します。必要最小限のファイルのみ追加したい場合は CoreTextUtils, NSTextCheckingResult+ExtendedURL, OHParagraphStyle, NSAttributedString+Attributes, OHAttributedLabelの5つを追加します。
  3. CoreText.framework をプロジェクトに追加
  4. ヘッダをインポート
#import "OHAttributedLabel.h"

基本的な使用方法

指定範囲の文字色を変更する方法を例にとり、OHAttributedLabelの基本的な使い方の流れを説明します。

1. NSMutableAttributedStringオブジェクトを生成

引数には表示する文字列を渡します。

NSString *txt = @"表示する文字列";
NSMutableAttributedString *attrStr = [NSMutableAttributedString attributedStringWithString:txt];

2. 文字色と範囲を指定

setTextColor:range: メソッドで、変更する文字色と、変更する範囲を指定します。

NSRange range = [txt rangeOfString:@"文字"];
UIColor *color = [UIColor colorWithRed:0.f green:0.f blue:0.f alpha:1.f];
[attrStr setTextColor:color range:range];

3. attributedTextプロパティにセット

OHAttributedLabel オブジェクトの attributedText プロパティに NSMutableAttributedString オブジェクトをセットして適用完了です。

self.ohLabel.attributedText = attrStr;

ちなみに、setTextColor:range: の代わりに range 引数のない setTextColor: メソッドを用いると、文字列全体に適用されます。

[attrStr setFont:[UIFont fontWithName:@"Helvetica" size:16]];
[attrStr setTextColor:[UIColor grayColor]];

その他の使用方法

太字指定は setTextBold:range: メソッドで YES をセットするか、

[attrStr setTextBold:YES range:range];

ボールドフォントの UIFont オブジェクトを setFont:range: メソッドに渡します。

UIFont *boldFont = [UIFont boldSystemFontOfSize:18];
[attrStr setFont:boldFont range:strongRange];

リンクを貼る場合は、setLink:range: メソッドにURLと範囲を指定します。

NSRange linkRange = [txt rangeOfString:linkStr];
NSURL *linkUrl = [NSURL URLWithString:@"http://www.facebook.com/iOSDevTips"];
[attrStr setLink:linkUrl range:linkRange];

OHAttributedLabel のソースコードに付属しているサンプルプロジェクトには、デリゲートメソッドを実装してアラートを出したり、タップ済みのリンクの文字色を変えたりといったサンプルも入っています。

centerVertically プロパティに YES をセットすると中央揃え、NO で上寄せになります。

self.ohLabel.centerVertically = YES;

UILabel の textAlignment に指定できる値として、UITextAlignmentJustify が追加されています。これは

#define UITextAlignmentJustify ((UITextAlignment)kCTJustifiedTextAlignment)

このように CoreText で定義されているアライメントタイプである kCTJustifiedTextAlignment を UITextAlignment 型にキャストしたもので、これを指定するとパラグラフの末尾が自然に揃えられます

self.ohLabel.textAlignment = UITextAlignmentJustify;

TTTAttributedLabel

特長

OHAttributedLabel と同じく、NSAttributedString の機能を UILabel に持たせたものです。APIの手軽さでは OHAttributedLabel に軍配が上がりますが、機能の豊富さではこちらが勝ります。

TTTAttributedLabelの使用例

使用準備

  1. ソースコードをダウンロード
    https://github.com/mattt/TTTAttributedLabel
  2. CoreText.framework をプロジェクトに追加
  3. TTTAttributedLabel.h をインポート
#import "TTTAttributedLabel.h"

使い方

OHAttributedLabel と使用方法の比較ができるよう、テキストの一部を赤字・太字にする方法、リンクを貼る方法を紹介します。

文字色、太字等の属性の指定は、setText:afterInheritingLabelAttributesAndConfiguringWithBlock: メソッドのブロック内で行います。

[self.tttLabel setText:txt afterInheritingLabelAttributesAndConfiguringWithBlock:
 ^NSMutableAttributedString *(NSMutableAttributedString *attrStr) {

     // ベースの設定
     [attrStr setFont:baseFont];
     [attrStr setTextColor:[UIColor grayColor]];

     // 文字色
     [attrStr setTextColor:strongColor range:strongRange];

     // Bold
     [attrStr setFont:boldFont range:strongRange];

     return attrStr;
 }];

リンク

リンクの指定は addLinkToURL:withRange: メソッドをコールします。

[self.tttLabel addLinkToURL:linkUrl withRange:linkRange];

また、TTTAttributedLabelでは、リンクをタップされたときの処理用の delegate メソッドを実装する必要があります。

そのため、プロトコルへの準拠を宣言しておき、

<TTTAttributedLabelDelegate>

TTTAttributedLabelのdelegateプロパティに移譲先をセットします。

self.tttLabel.delegate = self;

attributedLabel:didSelectLinkWithURL: メソッドを実装します。

- (void)attributedLabel:(TTTAttributedLabel *)label didSelectLinkWithURL:(NSURL *)url {

    [[UIApplication sharedApplication] openURL:self.linkUrl];
}

OHAttributedLabel はここはラップしてくれているのでひと手間増えることになりますが、openURL: ですぐに Safari や iTunes に飛ばすのではなく、一旦確認を挟みたい場合には便利です。(ただし、OHAttributedLabel もデリゲートメソッドの attributedLabel:shouldFollowLink: を実装すれば同等のことができます。)

サンプルコード

OHAttributedLabel と TTTAttributedLabel ともにサンプルプロジェクトがそれぞれのリポジトリに付属していますが、両者のAPIの違いを比較しやすいよう、両OSSを使用したサンプルアプリをGithubにアップしてあります。

LabelDemo

サンプル

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした