Edited at

Watson Analyticsを無料で学んでみよう① - アカウント作成~基本のグラフ作成

More than 1 year has passed since last update.

何回かに分けて Watson Analytics を無料で学んでみる記事を投稿したいと思います。


Watson Analyticsとは

Watson AnalyticsはSaaSで提供されている、IBMのセルフサービスBIツールです。

セルフサービスBIと言えば、Tableau(タブロー)やQlikが有名で、聞いた事がある方もいらっしゃると思いますが、そのIBM版のサービスとなります。

SaaSの提供なので、何かをPCにインストールする必要はありません。

ブラウザのみで、30日間の無料アカウントを作成して、さらっと、どういうものか知りたいという方向けの、Watson Analytics事始な記事です。

ステップ by ステップで、書いている通りにそのまま操作頂ければ、なんとなくそういうものかと分かるように説明したいと思います。

第一回目は、無料アカウントの作成から初期画面へのログイン、超基本の棒グラフの作成までをやってみたいと思います。


<手順>

無料アカウントの作成

以下のURLをブラウザに入力します。

https://watson.analytics.ibmcloud.com/product

この画面内で、「TRY IT FOR FREE」の文字を選択します。

001.PNG

「無料評価版」を選択します。

002.PNG

「無料評価版を試す」を選択します。

003.PNG

赤枠の「Email address」にご自身のメールアドレスを入力し、「Password」は任意のものを入力してください。

※この画面では「Continue」を選択するまでいきません。

004.PNG

指定したメールアドレスに、code入りのメールが送付されますので、メールを確認してください。

005.PNG

先ほどの画面に戻り、「Enter email confirmation code (check email)」にメールに記載されていた6桁の数字を入力して、「Company」「Phone number」を入力後「Sign up」を選択します。

006.PNG

「Launch」をクリックします。

007.PNG

こちらの画面が表示されますので、アカウントの作成は以上で終了です。

とりあえずここでは、ブラウザを全部閉じて終了してください。

008.PNG

ログイン~超基本の棒グラフ作成

ブラウザを開き、再度以下のURLにアクセスします。

https://watson.analytics.ibmcloud.com/product

「LOG IN」をクリックします。

009.PNG

IBMid=自身のメールアドレスを入力し「Continue」をクリックます。

010.PNG

「Password」を入力し「Sign in」をクリックします。

011.PNG

Watson Analyticsの初期画面で、「Discover」をクリックします。

「Discover」は、データを色々と見て、探索してみるための機能になります。

012.PNG

「New discovery set」をクリックします。

013.PNG

「Sample; Product Sales Data」を一度クリックし「OK」を選択します。

014.PNG

この画面が表示されたら、ブラウザのスクロールバーで、下の方にスクロールします。

015.PNG

「Bar」を選択します。

016.PNG

この様に棒グラフが表示されます。

017.PNG

横軸に「Year」を表示するために、図のように下側の黒い帯から「Year(Date)」を掴み、「Bars」の文字にドラッグ&ドロップします。

018.PNG

この様な表示になります。

019.PNG

同様に「Region」を「Color」にドロップします。

020.PNG

下側の黒帯を右にスクロールして「Sales」を「Length」にドロップします。

021.PNG

横軸を2階層にするため、「Month(Date)」を「Year(Date)」の右側の「+」にドロップします。

022.PNG

このような棒グラフが完成しました。

023.PNG

とりあえず、今回はこれで終了です。

第7回目も投稿しましたら、こちらにリンクを貼りますのでご期待下さい。

第1回目(アカウント作成~基本のグラフ作成)のリンク

http://qiita.com/shinyama/items/3477a419fef6fc085187

第2回目(データの確認~色々分析してみる)のリンク

http://qiita.com/shinyama/items/6d2dc941f50cbc34b6ea

第3回目(Displayの機能を学ぶ)のリンク

http://qiita.com/shinyama/items/a08a0b555149b86d52a6

第4回目(データの精製)のリンク

http://qiita.com/shinyama/items/3196e0176d87217fe3f6

第5回目(統計解析の機能)のリンク

http://qiita.com/shinyama/items/e6f9d63e1d3405826402

第6回目(FAQ)のリンク

http://qiita.com/shinyama/items/a281ac355d1e216f894e