今入っているもののバージョンを調べる為のコマンド、環境を作るコマンド。
悪戦苦闘していろいろ学んだことをメモとして残します。

rbenv (Ruby バージョン管理ツール)

類似のバージョン管理ツール rvm とは共存しないほうが良いらしい。
よく使うコマンド

$ rbenv -v # ←rbenvのバージョン確認
rbenv 1.1.1 
$ rbenv install --list
  1.8.5-p52
  1.8.5-p113
  1.8.5-p114
   ・・・    # ←インストールできるリストの表示
$ rbenv install 2.*.* #←いれたいバージョンを入力
$ rbenv rehash #rbenvの読み直し
$ rbenv global 2.*.* #←使用したいバージョンを選択
$ ruby -v # 確認
$ rbenv versions # こっちで確認だともっと詳しい
  system
  2.0.0-p481
* 2.3.6 (set by /Users/****/.rbenv/version)
  2.4.1

参考:rbenvとは?(rbenvを利用したRubyのインストール)

Ruby基本設定

ruby -v
→ ruby 2.X.X が出るならRuby OK。
 ( 出ないなら http://rubyinstaller.org/downloads/ で Rubyインストール )

rails -v
→ rails 2.X.X が出るならRails OK。
 ( 出ないなら
▽Mac
 (エラーにあわせた対応)
▽windows
  1、Development Kitを解凍し、Ruby以下、devkitフォルダに解凍
  2、 $ruby dk.rb init 
  3、 $ruby dk.rb install
  4、 $gem install rails --no--ri --no-rdoc
  5、 $rails -v  #←反応あれば成功 )
参考:Ruby on RailsをWindowsでインストールする方法【初心者向け】

gem -v
→バージョンが出ればgem OK

mysql.server start
Starting MySQL SUCCESS! が出ればOK
(出ないなら $brew install mysql

Git

(予め cd で移動した上で)
git clone git@bitbucket.org:XXXXXX/YYYYYY.git

これ以外の push ブランチなどは
Soucetree を使うと楽。

その他 よく使うキー

ファイル・隠しフォルダを表示: [command] + [shift] + [.(ドット)]

gitからソースを落として、railsで動かすためのコマンド

cd ~/src    
git clone git@bitbucket.org:****/***.git
cd ~/src/***
bundle install #← うまくいかない時は下記※
rake db:create
rake db:migrate
rails s #うまくいくとブラウザにて http://localhost:8080/ で表示できるはずです。

↑でうごかない時

・ bundle install でコケる
$ brew doctor で問題が出ていないか確認。
rmagincのパスが通ってない問題の場合は下記で解決。
$ brew link imagemagick

・参考:
http://kazumalab.hatenablog.com/entry/2016/07/24/134937

その他 参考にさせて頂いたページ

▽初期環境構築関連
はじめてのRuby環境構築 (Windows編その1)
最速!MacでRuby on Rails環境構築

▽便利コマンド
ターミナルからFinderを開く
viコマンド集
初心者は覚えておきたいRubygemsのコマンドまとめ

▽障害復旧関連
ファイルのコピーができない時(Permission denied)の対処方法
gem installでpermission deniedされました
gem install rmagickで失敗する。

▽その他 知識
Linuxの権限確認と変更(超初心者向け)
【鍵なしは】ssh接続を認証鍵方式にしてみた【シャットアウト】

▽SSHエラー解決
MacでSSH公開鍵・秘密鍵ファイルをコピーして使ったら警告がでた

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.