Help us understand the problem. What is going on with this article?

Vue.jsのv-modelにオブジェクトの配列をバインドする

More than 1 year has passed since last update.

やりたいこと

Vue.jsのv-modelにバインドされるデータをオブジェクトの配列にする

例えば、

new Vue({
  el: '#app',
  data: {
    vals: [
        {id: 1, name: "a"},
        {id: 2, name: "b"},
    ],
    checkedVal: []
  }
});

のようなデータを以下の通りバインディングしたとき、

<p v-for="val in vals">
  {{ val.name }}
  <input type="checkbox" v-model="checkedVal">
</p>

チェックボックスにチェックをつけると checkedVal には vals の要素オブジェクトまるごとを入れたいという感じ。

jsfiddle書いたのでそちらを見たほうが早いかもしれない
https://jsfiddle.net/seihmd/kaghf0xd/

やりかた

v-modelをつけたタグに v-bind:value="val" をつければいい。

<input type="checkbox" v-model="checkedVal" v-bind:value="val">

実際の動作はfiddleのほうで。

初期値を設定したいとき

v-modelにバインドする配列(上記jsで言えばcheckedVal)に値を設定しておけばチェックボックスをtrueにしておくこともできるが、オブジェクトの場合は各プロパティの値が同じであれば同一とみなされるようだ。

こう書くと対応する対応するチェックボックスがtrueの状態でレンダリングされる。

data: {
    vals: [
        {id: 1, name: "a"},
        {id: 2, name: "b"},
    ],
    checkedVal: [{id: 1, name: "a"}]
  }

比較のパフォーマンスは落ちるだろうし、どのような値のプロパティでも比較できるわけはないので、オブジェクトまるごとを使うのはシンプルな構造の場合にとどめておいたほうがいいと思う。

一部のプロパティだけ渡したい

オブジェクトまるごとではなく一部のプロパティだけを渡したい場合はvalueで指定してやればok

<input type="checkbox" v-model="checkedVal" v-bind:value="{id: val.id, name: val.name}">

https://jsfiddle.net/seihmd/emcbempx/

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away