Help us understand the problem. What is going on with this article?

Live2D と手書きアニメ比較 (1) まばたき

More than 3 years have passed since last update.

Live2D Advent Calendar 2015 24日目の記事です。

Live2Dの一番の魅力は、モデルデータを使った対話的なコンテンツですよね!
いったんモデルを作成してしまえば、様々な入力(パラメータ)を元に絵をグリグリ動かせる……
……めちゃすごい!(かなり)

最近は特に FaceRigを使った「俺が嫁」が盛り上がってますね!
俺も美少女になりたい!という全世界市民の願いがついに実現したのです!

しかしながら、そんなトレンドを全力で無視し
アニメーションツールとしてのLive2Dをみていきたいと思います。
方針としては、

  • 手書きの作業感に近い方法で
  • 必要な作業を必要なだけ行う

です。

まずは動きの基本、「まばたき」です。
最近描いた某キャラを動かしてみます。

まばたき動画

完成した動画の比較から。左が手書きで、右がLive2Dです。
名称未設定.gif

Live2Dで作ったほうは、モーフィングならではの ヌルヌル感がありますね!
手書きもLive2Dもタイムシートは同じです。(30fps)
開き目(7F) → 閉じ目(3F) → 中目(4F) → 開き目

  • 手書き素材
    開き目、中目、閉じ目 3枚
    151224_0431.jpg

  • Live2D素材
    開き目、閉じ目の2枚(中目は補完)

目は1パーツで、動かさない部分はポリゴン割当てすらしてません!
(目だけのモデリングなら10分もあれば終わります)
151224_08.jpg

閉じ目は、手書きで描いたものをAdventCalendarの17日目の記事と同じように不透明度で切り替えてます。
Live2Dでパーツ表示・非表示させる2つの方法(naotaro0123さん)
こっちのほうがポリゴンの点を修正する(モデリング)よりも手書き(ドローイング)に近い作業感です。

また、今回は眼を1パーツで作成したので、閉じ眼に近い部分は歪んでしまっています。
(動画だとそんなに気にならないですが、Live2D Animatorで開き目気味にキーを打ってごまかしています)
ここは、Live2D ユーザーチュートリアルの記事を参考に、眼も複数パーツに分けるともっと自然になりそうです。
さらに自然な 「まばたき」の作り方(黒井さん)
(せめて上まつげは分けたほうが良さそうです。あとで試してみます)

工数の比較

手書き(ClipStudioPaintEX)
元絵 -
中目 10分
閉じ目 15分
アニメーション 10分
計 35分

Live2D
元絵 -
閉じ目 15分
モデリング 15分
アニメーション 10分
計 40分

ざっくりこんな感じです。絵によって変わるかと思います。
(慣れれば、どちらも10~15分くらいで出来そうです)
今回は『まばたき』 なので可動部が少なく、工数・作業感の差はあまりないですね。
しかし、Live2Dなら中割りのフレームは補完されますし
補完方法も細かく調整できるので、動きによってはかなり工数が削減できる(はず)!

Live2D と手書きアニメまとめ

手間(工数)の部分で悩むところですが、Live2Dを使うと
かなり限定的なアニメーション制作でも、手書きではできない表現が出来ることがわかります!

ということでこの企画はたぶん続きます。次回は髪揺れかなと思います!
(まばたきに関しても中目2枚と比較してみたり、他ソフトとの比較など……いろいろやりたいことはありますね)

Live2D Advent Calendar 2015 、明日はいよいよ最終日です。Yuanさんよろしくお願いします!

sasensyu
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした