LoginSignup
5

More than 3 years have passed since last update.

【初心者でも簡単!!】WordPressをダウンロード及びインストールする方法

Last updated at Posted at 2019-10-01

1.事前知識

事前知識として、上記リンクの内容が必要です。

2.WordPressとは

  • WordPress とは、オープンソースのブログソフトウェアである。
  • 言語は PHP で開発されており、データベース管理システムとして MySQL を利用している。
  • 単なるブログではなく コンテンツ管理システム としても利用されている。

3.事前準備

01.png

17.png

MySQLコマンド
# 1.rootユーザーでログイン
$ mysql -uroot

# 2.データベースの作成
mysql> create database wordpress default character set utf8;

# 3.ユーザー作成&権限付与
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON wordpress.* TO wordpress_user@localhost IDENTIFIED BY 'password';

# 4.権限の反映
mysql> FLUSH PRIVILEGES;

# 5.データベース一覧表示
mysql> show databases;

# 6.mysqlを選択
mysql> USE mysql;

# 7.登録されているユーザを確認
mysql> SELECT user, host FROM user;

# 8.データベース終了
mysql> exit;
  1. Oracle VM VirtulaBox を起動し、 仮想マシン を起動する。
  2. コマンドライン を起動する。
  3. 上記の コマンド を入力する。
  4. 画像のように表示されれば成功です。

4.WordPressのダウンロード

Wordpressのダウンロードコマンド

# 1.フォルダの移動
$ cd /var/www/html

# 2.wordpress-4.4.2-ja.zipをダウンロード
$ wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.4.2-ja.zip

# 3.wordpress-4.4.2-ja.zipの展開
$ unzip wordpress-4.4.2-ja.zip

# 4.wordpress-4.4.2-ja.zipの削除
$ rm wordpress-4.4.2-ja.zip
  1. 上記のコマンドを コマンドライン に入力。

5.WordPressのインストール

URL
例: http://localhost/wordpress/
  1. ブラウザを開き、 https://サーバのホスト名、又はIPアドレス/wordpress/ にアクセスする。(上記のURL参照)
  2. さあ、始めましょう! をクリックする。 02.png
  3. データベース名ユーザー名パスワードデータベースのホスト名テーブル接頭辞 を入力し、 送信 をクリックする。
項目 内容
データベース名 wordpress
ユーザー名 wordpress_user
パスワード password
データベースのホスト名 localhost
テーブル接頭辞 wp_

03.png
4. サイトのタイトルユーザー名パスワードメールアドレス 、 を入力し、 検索エンジンでの表示 にチェックをつけ、 WordPressをインストール をクリックする。
※違う画面に推移した方は 6.構成ファイルのセットアップ
11.png
5. ログイン をクリックする。
12.png
6. ユーザー名パスワード を入力し、 ログイン状態を保存する にチェックをつけ、 ログイン をクリックする。
13.png
7. ダッシュボード が表示されれば成功です。
14.png

6.構成ファイルのセットアップ(インストール出来なかった人)

  1. 赤枠の中身を コピー する。 04.png
  2. アプリケーション から テキストエディター を起動する。 05.png
  3. コピーした内容を 貼り付け し、 保存 をクリックする。 06.png
  4. html ディレクトリをクリックする。 07.png
  5. wordpress ディレクトリをクリックする。 08.png
  6. ファイル名を wp-config.php にし、 保存 をクリックする。 09.png
  7. ブラウザに戻り、 インストール実行 をクリックする。 10.png
  8. 画像のようにWordPressの インストール画面 が表示されれば成功です。 11.png

8.まとめ

WordPressとは

  • WordPress とは、オープンソースのブログソフトウェアである。
  • 言語は PHP で開発されており、データベース管理システムとして MySQL を利用している。
  • 単なるブログではなく コンテンツ管理システム としても利用されている。

事前準備

Apacheのインストールコマンド
# 1.rootユーザーでログイン
$ mysql -uroot

# 2.データベースの作成
mysql> create database wordpress default character set utf8;

# 3.ユーザー作成&権限付与
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON wordpress.* TO wordpress_user@localhost IDENTIFIED BY 'password';

# 4.権限の反映
mysql> FLUSH PRIVILEGES;

# 5.データベース一覧表示
mysql> show databases;

# 6.mysqlを選択
mysql> USE mysql;

# 7.登録されているユーザを確認
mysql> SELECT user, host FROM user;

# 8.データベース終了
mysql> exit;
  1. Oracle VM VirtulaBox を起動し、 仮想マシン を起動する。
  2. コマンドライン を起動する。
  3. 上記の コマンド を入力する。

WordPressのダウンロード

Wordpressのダウンロードコマンド

# 1.フォルダの移動
$ cd /var/www/html

# 2.wordpress-4.4.2-ja.zipをダウンロード
$ wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.4.2-ja.zip

# 3.wordpress-4.4.2-ja.zipの展開
$ unzip wordpress-4.4.2-ja.zip

# 4.wordpress-4.4.2-ja.zipの削除
$ rm wordpress-4.4.2-ja.zip
  1. 上記のコマンドを コマンドライン に入力。

WordPressのインストール

URL
例: http://localhost/wordpress/
  1. ブラウザを開き、 https://サーバのホスト名、又はIPアドレス/wordpress/ にアクセスする。(上記のURL参照)
  2. さあ、始めましょう! をクリックする。
  3. データベース名ユーザー名パスワードデータベースのホスト名テーブル接頭辞 を入力し、 送信 をクリックする。
項目 内容
データベース名 wordpress
ユーザー名 wordpress_user
パスワード password
データベースのホスト名 localhost
テーブル接頭辞 wp_
  1. サイトのタイトルユーザー名パスワードメールアドレス 、 を入力し、 検索エンジンでの表示 にチェックをつけ、 WordPressをインストール をクリックする。 ※違う画面に推移した方は 6.構成ファイルのセットアップ
  2. ログイン をクリックする。
  3. ユーザー名パスワード を入力し、 ログイン状態を保存する にチェックをつけ、 ログイン をクリックする。
  4. ダッシュボード が表示されれば成功です。

構成ファイルのセットアップ(インストール出来なかった人)

  1. 赤枠の中身を コピー する。
  2. アプリケーション から テキストエディター を起動する。
  3. コピーした内容を 貼り付け し、 保存 をクリックする。
  4. html ディレクトリをクリックする。
  5. wordpress ディレクトリをクリックする。
  6. ファイル名を wp-config.php にし、 保存 をクリックする。
  7. ブラウザに戻り、 インストール実行 をクリックする。
  8. WordPressの インストール画面 が表示されれば成功です。

9.その他

20.png

WordPress起動時に画面が真っ白になってしまった方はこちら↓
WordPressのサイトが真っ白で表示されない場合の対処方法【初心者向け】

10.関連

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
5