Windows
Git
GitHub
VSCode
WSL

VSCodeをつかってみる

VSCodeとは

正式名称はVisual Studio Codeといい, Microsoftが提供しているコーディングエディタです.

特徴

あくまで個人的な感想です.

  • 軽くて動きが機敏
  • GitHubとの連携が比較的簡単
  • 統合ターミナルというものが標準で使用できる
  • いろいろなカラースキームを使える
  • 綺麗
  • 拡張機能が豊富で, 導入が簡単

インストール

  1. VSCodeのダウンロードサイト(リンク)からインストーラーをダウンロードする.
  2. インストーラーを起動する.

~また追記しようと思います~

統合ターミナル

おすすめはWSLを統合ターミナルとして用いることです.
事前にインストールして使用可能な状態であると良いと思います.
WSLのインストール
ショートカットキーであるCtrl+@を押すと統合ターミナルが開きます.
初めに統合ターミナルを開いたときに, どのコンソールを使用するかを問われます.
ここでWSLを選択しておくことで, Bashをターミナルとして使用できるようになります.

vscode.png

WSLのパスについて

確定的な情報ではないのですが, ワークスペースに登録しておいているフォルダで作業をしている場合は, 統合ターミナルとしてWSLを開いたときに自動的にパスがそのフォルダまで通ります.
この機能がだいぶ便利なので, 助かっております.

拡張機能

VSCodeは様々な拡張機能を簡単に導入できます.
左にある拡張機能のボタンを押し, 検索フォームに欲しい機能を入力することでインストールできます.
vscode.png

私が入れている拡張機能

Vim

エディタの部分がVimと同様の操作になります.
.vimrcでの設定は反映されませんが, 近い設定をすることは可能です.

Python

Pythonコードのハイライトを行ってくれる上に, 保存時に構文チェックもしてくれます.

Latex Workshop

VSCode上でTexを編集するために使えます.
Latexmkを用いたコンパイル環境が用意されていれば, 容易に実装可能です.