Unity
プロジェクションマッピング
MadMapper

MacとUnity2017.4.1f1とMadMapperでプロジェクションマッピング

概要

  • Unityで生成した画面をプロジェクションマッピングとして投影する
  • 映像を書き出して投影するのではなく、Unity製実行ファイルの画面を投影するので、インタラクション演出やデバッグが可能
    • 例 : 任意のトリガーで適用しているMaterialを変更することで見た目を変える
  • マルチディスプレイ設定になっていることが前提
    Unity 2017.4.1f1 と Mac でマルチディスプレイ実行 - Qiita
    【2018/12/03 追記】 上記の記事に書いている Player 設定 を設定せずに動かすとMadMapperに正常に映像が送られませんでした。設定をおすすめします。

実験環境

  • Mac High Sierra 10.13.4
  • Unity 2017.4.1f1
  • MadMapper 3.3.0 Demo版(※あくまでDemo版なので色々と制限があることに注意)
  • 任意の台数のプロジェクター

設定

UnityからMadMapperへの接続

Funnelを利用した
keijiro/Funnel: A Syphon server plugin for Unity

  1. 上記からUnity用plugin packageをダウンロード
  2. 適用したいUnityプロジェクト上でpackageを展開
  3. プロジェクタで投影したいCameraにFunnel.csをアタッチ
    • 画面サイズを設定できるので適切に設定しておく(ここが合っていないと投影時にぼやける)
  4. UnityプロジェクトをBuild And Run
  5. MadMapperを起動し、右メニューに表示されている素材サムネイルの Syphon 欄に実行中のUnityの画面があることを確認
    • 先ほどFunnel.csをアタッチしたCameraの数だけあるはず

MadMapperの使い方

プロジェクタの設定

  1. 左メニューのプロジェクタアイコンをクリック
    スクリーンショット 2018-04-25 19.11.34.png
  2. プラスアイコンをクリックしてプロジェクタの台数分増やす
  3. それぞれのプロジェクタの Output Destination 欄で出力先を設定する
  4. 中心の画面上で黄色い枠線を重ならないように並べ替える

素材の設定

  1. 左メニューのなんか4つ丸がついてる四角アイコンをクリック
    スクリーンショット 2018-04-25 19.11.52.png
  2. 右メニューの素材サムネイルから配置したい素材を中央のプロジェクタ枠(黄色い枠)内に向かってドラッグ&ドロップ
  3. メニューバー > Output > Full Screen Mode をクリック
  4. 配置された素材の四隅を実際に投影しながら形を合わせていく
    • マウスで頂点を選択して動かしたり、十字キーで少しずつ合わせていく

参考URL