Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacとUnity2017.4.1f1とMadMapperでプロジェクションマッピング

More than 1 year has passed since last update.

概要

  • Unityで生成した画面をプロジェクションマッピングとして投影する
  • 映像を書き出して投影するのではなく、Unity製実行ファイルの画面を投影するので、インタラクション演出やデバッグが可能
    • 例 : 任意のトリガーで適用しているMaterialを変更することで見た目を変える
  • マルチディスプレイ設定になっていることが前提
    Unity 2017.4.1f1 と Mac でマルチディスプレイ実行 - Qiita
    【2018/12/03 追記】 上記の記事に書いている Player 設定 を設定せずに動かすとMadMapperに正常に映像が送られませんでした。設定をおすすめします。

実験環境

  • Mac High Sierra 10.13.4
  • Unity 2017.4.1f1
  • MadMapper 3.3.0 Demo版(※あくまでDemo版なので色々と制限があることに注意)
  • 任意の台数のプロジェクター

設定

UnityからMadMapperへの接続

Funnelを利用した
keijiro/Funnel: A Syphon server plugin for Unity

  1. 上記からUnity用plugin packageをダウンロード
  2. 適用したいUnityプロジェクト上でpackageを展開
  3. プロジェクタで投影したいCameraにFunnel.csをアタッチ
    • 画面サイズを設定できるので適切に設定しておく(ここが合っていないと投影時にぼやける)
  4. UnityプロジェクトをBuild And Run
  5. MadMapperを起動し、右メニューに表示されている素材サムネイルの Syphon 欄に実行中のUnityの画面があることを確認
    • 先ほどFunnel.csをアタッチしたCameraの数だけあるはず

MadMapperの使い方

プロジェクタの設定

  1. 左メニューのプロジェクタアイコンをクリック
    スクリーンショット 2018-04-25 19.11.34.png
  2. プラスアイコンをクリックしてプロジェクタの台数分増やす
  3. それぞれのプロジェクタの Output Destination 欄で出力先を設定する
  4. 中心の画面上で黄色い枠線を重ならないように並べ替える

素材の設定

  1. 左メニューのなんか4つ丸がついてる四角アイコンをクリック
    スクリーンショット 2018-04-25 19.11.52.png
  2. 右メニューの素材サムネイルから配置したい素材を中央のプロジェクタ枠(黄色い枠)内に向かってドラッグ&ドロップ
  3. メニューバー > Output > Full Screen Mode をクリック
  4. 配置された素材の四隅を実際に投影しながら形を合わせていく
    • マウスで頂点を選択して動かしたり、十字キーで少しずつ合わせていく

参考URL

reona396
Processingとp5.jsが大好き!
http://reona396.information.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした