Help us understand the problem. What is going on with this article?

Unity 2017.4.1f1 と Mac でマルチディスプレイ実行

More than 1 year has passed since last update.

やりたいこと

検証環境

  • Unity 2017.4.1f1
  • Mac High Sierra ver 10.13.4
  • HDMI接続したモニター1枚

設定

ディスプレイのActivate

実行開始時にDisplay.Activateされるよう、以下で紹介されているコードを書いて、
適当なオブジェクトにアタッチしておく(マニュアルではデフォルトカメラにつけると紹介されている)
マルチディスプレイ - Unity マニュアル

以下、上記より引用

    void Start()
    {
        Debug.Log("displays connected: " + Display.displays.Length);
        // Display.displays[0] は主要デフォルトディスプレイで、常に ON。
        // 追加ディスプレイが可能かを確認し、それぞれをアクティベートします。
        if (Display.displays.Length > 1)
            Display.displays[1].Activate();
        if (Display.displays.Length > 2)
            Display.displays[2].Activate();
        ...
    }

Player 設定

  1. File > Build Setting > Player Setting > Setting for PC, Mac & Linux Standalone > Other Settings > Rendering > Auto Graphics API for Mac のチェックをはずす
  2. Graphics APIs for Mac 欄の順序で OpenGLCore が一番上にくるようにリストを操作する

参考URL :
Multi-Display Support (Unity 5.3 Mac) - Unity Answers

build

注意点

1番モニター、2番モニター…とあった時に

  • 1番モニターとなる画面上で実行する
    • Unityの画面あるいはfinderの画面を1番モニターの画面上に配置して実行する
    • 2番モニターの画面上で実行すると、2番モニターに1番モニターの内容が表示されて1番モニターが仕事をサボることになる
  • 全画面表示で実行する。Windowedにチェックした状態で実行しても上手くいかなかった

ログの確認

buildして実行している間、Debug.Logの内容は Mac では ~/Library/Logs/Unity/Player.log に記録される。
上記で引用したActivate用のコードを走らせると、ディスプレイの数がカウントされて印字されているはずなので、確認しておく。

ログファイル - Unity マニュアル

reona396
Processingとp5.jsが大好き!
http://reona396.information.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした