Edited at

vccwとVagrantでWordPressのローカル開発環境を作りました

More than 3 years have passed since last update.

vccwでWordPressのローカル開発環境を作るのが定番らしいのでやってみました。


環境


  • Mac

  • VirtualBox

  • Vagrant

条件としてVagrantとVirtualBoxの環境が用意されているものとします。


vccwのサイトを見る

あとはこのサイトの通りにやるだけです。

http://vccw.cc/


vccwでWordpressのローカル環境を構築

vccw.gitをgit cloneします。


vccw.gitをクローン

git clone git@github.com:miya0001/vccw.git


次は、vccwというディレクトリができているので移動します。


おまけ:ここでvccwというディレクトリ以外を指定したい場合は

git clone git@github.com:miya0001/vccw.git ディレクトリ名

上記のように指定するといいです。


ディレクトリを移動

Vagrantfileというファイルが置いてあるディレクトリへ移動します。


vccwディレクトリに移動

cd vccw



おまけ:設定ファイルの作成

site.ymlというファイルをコピーすると、起動するVagrantの設定を書くことができます。もしこの設定が不要なら、次の Vagrantの立ち上げ まで進んでください。


site.ymlをコピー

cp provision/default.yml ./site.yml


色々設定できるので使うと便利かと思います。


site.ymlを編集

hostname: pugiemonn.com

plugins:
- dynamic-hostname
- wp-total-hacks
- tinymce-templates
- wp-super-cache
- online-lesson-booking

php_version: 5.6.9


なんと!PHPのバージョンから、最初にインストールするプラグインまで一括でインストールできるのです。これはすごいです。。


Vagrantを立ち上げ

vagrantを立ち上げます。


Vagrant環境をスタート

vagrant up


めっちゃ遅いです。

Vagrantの開発環境にアクセスします。

http://192.168.33.10/

するとWordpressの画面が表示されています。これはすごい。

管理画面へは http://192.168.33.10/wp-login.php からアクセスします。


vccwで作ったWordPressのデフォルトユーザーとパスワード

Default user

Username: admin
Password: admin


MySQLのrootパスワード

vccwのMySQLをrootで使いたいときにvccwのrootユーザーにはパスワードがかかっています。


vccwで作ったMySQLのrootユーザーとパスワード

Username: root

Password: wordpress

デフォルトでwordpressとパスワードがかかっているので、rootユーザでログインするときはこれを利用すると便利です。


わからなかったところ

公式サイトだと http://wordpress.local/ でWordPressが表示できると書いてありますが、ボクの環境だといけませんでした。/etc/hostsにかけってことなのかしら。なにがいけないんでしょ(☝ ՞ਊ ՞)

あとvccwはWordPressごとにVagrantをたちあげないといけないのでしょうか?そんなものかな??


感想

WordPressの環境構築が簡単すぎてすごいです。


おまけ:前に書いた昔からの環境構築手順

vccwを使わないVagrantのWordPress開発環境構築手順

http://qiita.com/pugiemonn/items/9e1bccf3344b74cea832