Help us understand the problem. What is going on with this article?

Glueの使い方的な㉙(セキュリティグループの自己参照ルール)

More than 1 year has passed since last update.

 Glueにおける自己参照ルールの補足

ドキュメントを確認すると以下のように書かれている
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/glue/latest/dg/populate-add-connection.html

AWS Glue がコンポーネントと通信できるようにするには、すべての TCP ポートに対して自己参照のインバウンドルールを持つセキュリティグループを指定します。自己参照ルールを作成することで、ソースをすべてのネットワークではなく VPC 内の同じセキュリティグループに制限することができます。

要約すると、GlueがVPC内に接続する場合は、Glueの接続に設定するセキュリティグループに自己参照ルールが必要

やり方は2つできそう

① RedshiftやRDSのセキュリティグループをGlueでも使う

RedshiftやRDSにアタッチされているセキュリティグループに自己参照ルール(自分のSGにすべて許可)を書き
そのセキュリティグループをGlueが使う
これで、GlueからRedshiftやRDSへ通信可能になる

  • 適用前

スクリーンショット 0030-11-11 10.19.09.png

  • 適用後

スクリーンショット 0030-11-11 10.19.20.png

② Glue用のセキュリティグループを作る

自己参照ルール(自分のSGにすべて許可)を書いたGlue用のセキュリティグループ(SG2)を作り
それをGlueにアタッチし
Redshift,RDSのセキュリティグループにGlueのセキュリティグループ(SG2)からの通信許可を書く
これで、GlueからRedshiftやRDSへ通信可能になる

※こちらのやり方の方が直感的な気がする

  • 適用前

スクリーンショット 0030-11-11 10.19.31.png

  • 適用後

スクリーンショット 0030-11-11 10.19.51.png

※アウトバウンドはどちらも"すべてのTCP"を"0.0.0.0/0"で"許可"している

こちらも是非

複数VPCをまたぐパターンの公式ブログ
https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/connecting-to-and-running-etl-jobs-across-multiple-vpcs-using-a-dedicated-aws-glue-vpc/

Glueの使い方まとめ
https://qiita.com/pioho07/items/32f76a16cbf49f9f712f

pioho07
こちらに記載の内容は所属会社とは関係ありませぬ。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした