search
LoginSignup
1

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

ローカルでNode-REDを実行してみた

Node-RED アドベントカレンダー22日目!
今まで Node-RED は enebular や IBM Cloud 上で使ったことがありましたが、そういえばローカルで実行したことがないなぁと思ったのでやってみました。

ドキュメントの「ローカルでNode-REDを実行する」 を読みながら自分のローカル環境で実行した時の手順をまとめてみます。

実行時のローカル環境

  • macOS 10.14.6(Mojave)
  • Node.js 10.16.3

手順ざっくり

1-a. Node.js のインストール
1-b. 既にインストールしたことがある場合は Node.js のバージョン確認
  ※ 2020年12月22日現在、バージョン 10.x と 12.x の Node.js を推奨しているようです
2. npm で Node-RED をインストール
3. Node-RED を実行する
4. ブラウザから Node-RED エディタにアクセスする

手順詳しく

1-b. Node.js のバージョン確認

ターミナル
# 以下のコマンドを実行
node --version

# 実行結果で以下のように表示されたら成功です!
v10.16.3

2. npm で Node-RED をインストール

ターミナル
# 以下のコマンドを実行
sudo npm install -g --unsafe-perm node-red

# 実行結果の最後の行で、以下のように表示されたら成功です!
+ node-red@1.2.6
added 364 packages from 321 contributors in 37.524s

3. Node-RED 実行する

ターミナル
# 以下のコマンドを実行
node-red

# 実行結果の最後の行で、以下のように表示されたら成功です!
22 Dec 17:58:03 -[info] サーバは http://127.0.0.1:1880/ で実行中です

4. ブラウザから Node-RED エディタにアクセスする

ローカルで起動したサーバーのURL( http://127.0.0.1:1880/ )へ、ブラウザからアクセスします。
スクリーンショット 2020-12-22 18.11.34.png
アクセスすると、Node-RED エディタが表示されました!
スクリーンショット 2020-12-22 18.28.00.png

サーバーを停止する時は

ターミナルで control+c で停止します。

おわりに

思っていたよりも簡単に Node-RED をローカルで実行できました!
ただ、ターミナルを使ったことがない人にとっては enebular や IBM Cloud が良いんだろうなと思いました。enebular や IBM Cloud に加えて、今度からはローカルも開発の手段にしていこうかなと思います〜

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
1