Help us understand the problem. What is going on with this article?

PowerAppsを初めて触って躓いたこと

はじめに

初めてPowerAppsでサンプルアプリを作った時に、躓いた点についてまとめます。
これからPowerAppsを触る方が同じ箇所で躓かないよう、注意点をまとめていきたいと思います。

目次

  • 1. 解決した事
    • 1.1 Excelファイルは共有が必要
    • 1.2 新しいテーブルは所有者が取込む
    • 1.3 テーブルの変更が反映されない
  • 2. まだ解決していない事
    • 2.1 複数人の同時開発ができない
    • 2.2 一覧表示をスクロールすると白くなる
  • 3. まとめ

1. 解決した事

1.1 Excelファイルは共有が必要

Excelをリソースとして使用する場合は、
元のExcelファイルを全ユーザに共有が必要。
共有しないとアプリ利用時にデータを引っ張ってこれないです。
エクセルの共有画面

右上の「共有」ボタンからユーザを共有しましょう。

1.2 新しいテーブルは所有者が取込む

Excelをリソースとして使用していて、
対象のExcelファイルに新しくテーブルを作っても、
自動でPowerAppsには取り込まれません。
oneDrive上のExcelを取りこむのであれば、所有者にお願いしましょう。
所有者が分かる画面
この人。既出だと思いますが簡単に取り込み方を載せておきます。

①データソースからリソース先を選択。今回はoneDrive for Business。
WS000318.PNG
②テーブルを追加したExcelファイルを選択。
WS000319.PNG
③追加したいテーブルを選択。
WS000320.PNG

1.3 テーブルの変更が反映されない

テーブルのカラムを追加・削除した時に、
なかなかPowerAppsアプリが変更を取り込んでくれず困りました。
とりあえず以下の順序でやっておけば、問題なさそう。

"年齢"カラムを追加しました。PowerAppsに反映していきましょう。
WS000305.PNG

①データ → すべての接続の更新 を選択
WS000306.PNG

②アプリ、挿入 → データソース → 該当テーブルの その他アクション → 最新の情報に更新
WS000308.PNG

③アプリを閉じる 変更途中なら保存もしておきましょう。
WS000310.PNG

④アプリを開き直すと、新しいカラムが認識されてます。
WS000312.PNG

2. 解決していない事

2.1 複数人の同時開発ができない

アプリ単位で掴んでしまうので、この画面はAさん、この画面はBさんというように、
同時進行で開発はできない。

再利用可能なコントロールを部品として切り出して作る事は出来るみたいですが。
(参考)コンポーネント
https://docs.microsoft.com/ja-jp/powerapps/maker/canvas-apps/create-component
複数人開発の良い方法あれば教えてください。

2.2 一覧表示をスクロールすると白くなる

Excelから複数のレコードを引っ張ってきて、一覧にして表示、みたいなことが簡単に出来ます。

ただ、一覧をスクロールした時に、
読み込みが遅くて画面が真っ白になってしまうことがしばしば。
量が多いデータはExcelをリソースにしない方がいいのかな…

3. まとめ

Excelの共有が必要だったり、Excelの中身をユーザが見れてしまう点を考えると、
CDS(Common Data Service) をリソースに使った方がいいのかも。
ちなみに、画面を見て実際に触りながら開発ができるので、画面設計は楽でした。
実装編は別記事にします。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away