2
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

D言語環境構築 2020年版

はじめに

例年通り、人生最良の行動(D言語インストール)についてまとめます。

Linux・Mac

去年とあまり変わらない……。

例年通りインストールスクリプトを使用するのが簡単です。

公式実装dmd・LLVMバックエンドを利用した最適化に定評のあるldc・GCCをバックエンドとしたgdcのどれもこのインストールスクリプトでインストールできます。

さらに複数のバージョンを共存させて切り替えたり、Pythonにおけるpyenv・node.jsにおけるnvmのような使い方もできます。

アンインストールもできます。

Mac Apple M1対応

私がM1対応Macを持っていないので伝聞になってしまいますが……。
(今年に最後のIntel Macbook Airを買ってしまった負け犬)

LDC1.24.0にはexperimentalなApple Arm64対応が入っているようです。

あとは誰か人柱になるだけです。

Windows インストールスクリプト編

毎年Windowsへのインストール祭りになるこの記事……。

今年はなんと、インストールスクリプトがWindowsにも対応しました!
早速使ってみましょう。

install.shは読んで字のごとくBashが必要です。公式のインストール手順では、Git BashまたはMSYS2の使用例がありました。

Git for Windowsは割と入れている人が多いんじゃないかなと思ったので、ここではGit for Windows同梱のGit Bashを利用する方法で試してみます。

Git for Windowsをインストール

Git for Windowsはこちらから。

0002.png

7-Zipをインストール

また、7-zipも必要とあるのでこちらもインストールしておきます。

0003.png

7-Zipはパスを通すべし、と古事記にも書いてあるので通します。
(後から考えるに7-Zip本当に必要なのかな……)

0004.png

install.shダウンロード

PowerShell.exeを使うとWindowsでもwgetできる時代になっているんですね。
公式手順通り、主役のinstall.shをゲットです。

0001.png

コマンドプロンプトからinstall.sh実行

さて、公式手順通りコマンドプロンプトからinstall.shを実行してみましょう。環境変数BASHにGit Bashの実行ファイルへのパスを設定して……

0005.png

エラーになりました。

install.sh: line 190: uname: command not found
install.sh: line 196: uname: command not found

ことしもやはりインストールバトルになってしまったか……。

気を取り直してGit Bashからinstall.sh実行

エラーメッセージを読む限りunameが無えよ、ということなので、Git Bashの中から実行してみます。

0006.png

今度はいけた!

アクティベーション用のバッチファイルのパスは、%USERPROFILE%¥dlang¥dmd-2.094.2¥activate.batになります。

バッチファイルを実行して

0007.png

ちゃんとしている気がする……。

同時にインストールされるパッケージマネージャdubも使ってみます。

0010.png

動いた。
しかもちゃんと64ビット版(x86_64)になっている気がしますね。
念の為Git Bashのfileコマンドで確認したところ、ちゃんとx86_64でした。
(スクショは忘れた)

インストールスクリプト編 まとめ

Windowsでもインストールスクリプトで簡単にインストールできるようになりました!
(まあ追加ツールが多少必要ですが……)

環境にやさしくアップデートもバージョン切り替えも簡単なので、手軽にインストールして使ってみる分にはおすすめできそうですね。

(TODO: LDCとGDCも確かめる)

Windows インストーラー編

去年にDLLヘルにぶちあたってしまったmsiファイルによるインストールですが、今年はどうでしょうか。

0011.png

安定のD言語くん

0012.png

いつも通りインストーラーが起動します。

0013.png

ここでちゃんと Install VC2010 redistributables to use it with MinGW Platform libraries を選択します。

(他の選択肢は、Visual Studioがインストールされるか、動かないか、です)

0014.png

なんか不安を生じさせるダイアログが……これ去年も見たんですよね。

0015.png

とりあえずインストールが完了し、スタートメニューにショートカットが現れました。
このショートカットでdmdとかにパスが通っているコマンドプロンプトが開くようです。
autoexec.batとかに追記しておくのも良さそうですね。

0016.png

去年はDLLヘルでエラーが起きたが今年は……動いた!

ちゃんとx86_64のバイナリで動いているようです!

念には念を入れて確認します。

0017.png

この画像の場所がPE dとなっていると64ビットの証のようです。

参考

インストーラー編 まとめ

去年のDLLヘルが無事解消されていることがわかりました!よかったよかった。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
2
Help us understand the problem. What are the problem?