Help us understand the problem. What is going on with this article?

Unity2019.2から起動するエディタでコード補完(オートコンプリート)を有効にする

状況

UnityのAssetsから直接.csファイルを開いた際、エディタ上でオートコンプリートが効かず、ものすごく困りました。

キャプチャ.PNG

MonoBehaviorクラスが認識されず、VSCode/VisualStudio2019の両方でオートコンプリートが無効。なんでや。

環境

以下の通りです。

Unity
2019.2.13f

VSCode
10.40.2

VisualStudio2019
Communityのちょっと前のやつ

解決方法

VisualStudioの場合

【Unity】Visual Studioのインテリセンス(自動補完や候補予測)が効かない場合の対処法

UnityでVisualStudio2017のIntelliSenseが動作しなくなる問題を解決する

リンク先の通りにやったらできた!圧倒的感謝。

自分の環境の場合、VS2019のバージョンを16.4.0に上げただけでいけた。

VSCodeの場合

今日からUnity + Visual Studio Codeを用いた快適な開発生活(随時更新中)

こちらに記載のあるアセットを入れてみましたが、解決に至らず。

MonoBehaviour Snippetsという拡張機能を追加してみたら、それっぽくはなりました。
相変わらずMonoBehaviorクラスは認識されないので、根本的な解決にはなってない。

解決でき次第、追記したい。。

2019/12/20 追記
https://code.visualstudio.com/docs/other/unity
ひとまずこれでいけた。


追記

キャプチャ.PNG

上部に載せた画像をもう1度見てもらうとわかるのですが、
MonoBehaviorクラス、VSCodeでも認識されていました😭
(補完は効いていましたが、色々いれた拡張機能のおかげかと。。)

じゃあ一体、画像に出ている下線は何?ということになるのですが、きちんとメッセージを見ると、

"Behaviour": Unknown word.

とのこと。

以前入れた拡張機能のCode Spell Checkerが、そんなワードは知らんと教えてくれていただけでした。これは恥ずかしい。

ちなみにこの単語、2種類のスペリングがあるらしく、
Behaviourはイギリス英語、Behaviorはアメリカ英語らしいです。

結局、Behaviourが、Code Spell Checkerの辞書に登録されていなかっただけ、というオチ。
登録されていない単語はホワイトリストに追加で解決しました。。

拡張機能、とっても便利ですが、入れたものはちゃんと把握しようと思いました。

参考:
VSCode に Code Spell Checker を導入して typo と戦う
BEHAVIORとBEHAVIOURの違い

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした