Help us understand the problem. What is going on with this article?

DeNA 20 新卒 Advent Calendar 2019 4週目振り返り

4週目が終わりました🎉
「なぜ急に内定者カレンダーを始めたのか」とかの経緯や、エモいことは25日の記事で書きました。
ので、この記事では4週目の振り返りにフォーカスします。

4週目も無事1日も遅れることなく投稿できました。
本当によかった...。(社名を背負っているので落とさないかのプレッシャーがすごい)
みんな本当にありがとうございました。
本当にギリギリだった日がありました。
結果として、1ヶ月間1日も送れずに投稿できて良かったです。
それでは振り返っていきます🏃‍♂️
(記事をご覧になったら是非「いいね👍」をお願いします。)

22日目: GraphQLでタスク管理アプリを作る -フロントエンド編- [React+Apollo Client+Typescript]

@Climber22 の記事です。

GraphQLとReactでのアプリ開発の解説記事です。
アプリの画面、ディレクトリ構成、依存関係の設定、GraphQLとの連携まで丁寧に書いてくれています。
無限スクロールの実装まで、考慮してくれているのも嬉しいです。

21日の記事のフロント側の実装となっているので是非合わせてご覧ください🙌

21日の記事と共にトレンド入りしました🎉

23日目: AWSを使ってサーバーレスにRestAPIを作ってみた。

@coil_msp123 の記事です。

サーバレスアーキテクチャで掲示板を作る記事です。
AWS、DynamoDBとモダンな開発なのが嬉しいです。
サーバレス、AWS、DynamoDBの説明から実際のGoでのコードの解説まで、丁寧に網羅してくれています。

APIは公開されているので、クライアントを実装すれば掲示板が作れます👍

24日目: 全自動タピオカインスタ映えロボットを作った話

@wataryooou の記事です。

タピオカが1番輝ける写真を自動で撮影する過程の解説記事です。
「タピオカをゆでる」という工程が存在するように、ソフトウェアの領域で収まっていない記事ですw
このカレンダー中で1番ぶっ飛んでいる記事です。

とにかく見て欲しい!という記事です。

25日目: なぜDeNA 20 新卒 Advent Calendar 2019を企画したのか【+専用アプリの解説】

@naro143 の記事です。

今回の「なぜ企画したのか?」を戦略的な視点で説明しています。
「来年でこの企画は完成する」というのを見ていただきたいです。

また、今回の企画の専用アプリの開発のきっかけ、実装解説もあります。
内定者Slackの画像もあり、雰囲気が伝わる内容となっています。

ニッチな記事ながらトレンド入りをしました🎉

来年も楽しみにお待ちください!

カレンダーはこちら
1ヶ月、本当にありがとうございました🎉

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした