Help us understand the problem. What is going on with this article?

JAWS-UG関西女子会「はじめて女子応援企画!事例から学ぶもくもく&もぐもぐ会」

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

この記事はJAWS-UG関西女子会「はじめて女子応援企画!事例から学ぶもくもく&もぐもぐ会」
もぐもぐ 1 もくもくする際のテキストとなります。

もくもくのねらい

もくもくの前にスライドで説明をした事例と同じような構成を作ること
※全く同じではありません

もくもくの内容

  1. Amazon S3+CloudFrontで静的WEBサイトを高速化
  2. ELB + EC2 + RDSでECサイト構築
  3. 作成したインスタンスの削除方法

事前準備

Windows環境の方は

  • サーバーに接続するためにTeraterm等をインストールして下さい

※SSH接続クライアントであればteratermでなくてもOKです

Teraterm
ダウンロード先:http://osdn.jp/projects/ttssh2/

 

  • FTP接続用クライアント(FFFTP等)をインストールして下さい

※FFFTPでなくてもFTPクライアントであればOKです。

FFFTP
http://osdn.jp/projects/ffftp/releases/

Mac環境の方は

  • サーバー接続にはターミナルを使用するのでSSH接続クライアントのインストールは特に不要です
  • FTP接続用クライアント(Cyberduck等)をAppStoreからインストールして下さい

※CyberduckでなくてもFTPクライアントであればOKです。

Cyberduck
https://cyberduck.io/

Management Consoleの言語設定

本手順では 作成者の都合で画面表示が英語となっております。
画面表示が日本語となっている方は画面左下の「日本語」をクリックして「English」に変更して下さい。
AWS000196.JPG

リージョンの設定

リージョンとはAWSのデータセンターがある地域のことを指し、現在世界に11箇所のリージョンがあります。
日本には東京リージョンがあるのですが、もちろん他のリージョンを使うこともできます。
今回使用するのは東京リージョンとなります。
リージョンの変更はManagementConsole右上の地名が描かれているところをクリックして行います。
「Tokyo」となっていることを確認して下さい。
ELB000296.JPG

TIPS

構築時にviエディターというLinuxのテキストエディタを使用する場面があります。
以下によく使うコマンドをまとめていますのでご参照下さい。
こちら

もくもく手順

以下リンクを参照して下さい

1.Amazon S3+CloudFrontで静的WEBサイトを高速化させよう
2-1.ELB + EC2 + RDSでECサイト構築~EC2作成編~
2-2.ELB + EC2 + RDSでECサイト構築~RDS作成編~
2-3.ELB + EC2 + RDSでECサイト構築~ELB作成編~
2-4.ELB + EC2 + RDSでECサイト構築~EC-CUBEインストール編~
3.作成したインスタンスの削除方法

おまけ

「1.Amazon S3+CloudFrontで静的WEBサイトを高速化」ではS3への直接アクセスを禁止する設定となっています。
CloudFrontまではいいや~、という方へS3のみで静的WEBサイトを作る手順をご用意しております。
Amazon S3で静的WEBサイトをつくろう ~おまけバージョン~


  1. 節子!それは懇親会や!!早まったらあかん!!! 

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away