Help us understand the problem. What is going on with this article?

Markdown 記法まとめ

More than 1 year has passed since last update.

Markdownの学習もかねて、Markdownの記法をいくつかまとめてみました。

見出し

テキストの手前に#をつけて記述。
#の数でテキストのサイズが変わる。最大で6個。

・書き方例

# 見出しh1
## 見出しh2
### 見出しh3
#### 見出しh4
##### 見出しh5
###### 見出しh6

・結果

見出しh1

見出しh2

見出しh3

見出しh4

見出しh5
見出しh6

箇条書きリスト

テキストの手前に+ * -のいずれかをつけて記述。
インデントはタブで下げられる。

・書き方例

+ テキスト
    + テキスト
    - テキスト
    * テキスト

・結果

  • テキスト
    • テキスト
    • テキスト
    • テキスト

番号付きリスト

テキストの手前に数値.で記述。
実際に表示される際には適切な数値が振られるので、記述時の数値は何でもいい。

・書き方例

1. テキスト
    1. テキスト
    1. テキスト
    1. テキスト

・結果

  1. テキスト
    1. テキスト
    2. テキスト
    3. テキスト

 改行、空行

文末に半角スペース2つで改行、<br>で空行を記述。

・書き方例

テキスト␣␣ ←半角スペース2つ
テキスト
<br>
テキスト

・結果

テキスト

テキスト


テキスト

インライン表記

テキストを``で囲むことで記述。

・書き方例

``text``

・結果

囲んだ部分がtextのように表示されます。

pre記法

文頭にスペース4つタブで記述。

・書き方例

    // Tab
    int a = 0;
        int b = 0;

    // Space
    int a = 0;
        int b = 0;

・結果

int a = 0;
    int b = 0;

pre記法 ( ``` , ~~~ )

```~~~ で囲うことでも記述可能。
また、以下の例のように記述することで、シンタックスハイライトとタイトル付けを行える。

・書き方例

    ~~~言語名:タイトル
        テキスト
    ~~~

    ```golang:example.go
        packege "main"

        import "fmt"

        func main() {
            fmt.Println("Hello World!")
        }
    ```

・結果

example.go
    packege "main"

    import "fmt"

    func main() {
        fmt.Println("Hello World!")
    }

引用

テキストの手前に>で記述。>>で二重引用になる。

・書き方例

> テキスト
>
> テキスト
>> テキスト
>> テキスト

・結果

テキスト

テキスト

テキスト
テキスト

リンクの挿入

[リンク名](URL)で記述。

・書き方例

[Qiita](https://qiita.com/)

・結果

Qiita

定義参照リンク

文中にいちいち長いURLを書いてると可読性が悪いので、先に定義しておく方法。
[定義する名前]: URLで定義し、参照する際は[リンク名][定義した名前]と記述。

・書き方例

    [Qiitaに飛べます][qiita]

    [qiita]: https://qiita.com/

・結果

Qiitaに飛べます

画像の挿入

下の例のように記述。ドラッグ&ドロップでも可能。

・書き方例

![代替テキスト](URL "タイトル")

![sample_image](https://2.bp.blogspot.com/-BBDUhqUqFxY/WUdZNRQOykI/AAAAAAABFDw/dHO4dZ-5-NQTyXy_8_mpy4c5y-mYlPvFACLcBGAs/s800/pop_gazouha_image_desu_shikaku.png "sample_image")

・結果

・挿入画像:sample_image

サイズを指定して画像を挿入

htmlの<img>タグを用いて指定できる。

・書き方例

<img width = "数値" alt = "代替テキスト" src = "URL">

<img width = "150" alt = "sample_image" src = "https://2.bp.blogspot.com/-BBDUhqUqFxY/WUdZNRQOykI/AAAAAAABFDw/dHO4dZ-5-NQTyXy_8_mpy4c5y-mYlPvFACLcBGAs/s800/pop_gazouha_image_desu_shikaku.png">

・結果

sample_image

テーブルの挿入

入力補完を利用するなら列数x行数で記述できる。
手動の場合は以下の例のように記述。

・書き方例

// 3x2の入力補完で記述されたテーブル
| 1 | 2 | 3 |
|:-:|:-:|:-:|
|   |   |   |
|   |   |   |

// 手動記入例
| left   |   center   |    right |
|:-------|:----------:|---------:|
| left   |   center   |    right |
| `left` | **center** |  *right* |

・結果

1 2 3
left center right
left center right
left center right

強調

_*で囲むと強調表現になる。1つだと斜体になり、2つだと太字になる。

・書き方例

_text_
*text*

__text__
**text**

・結果

text
text

text
text

取り消し線

~~で囲むことで取り消し線をつけられる。

・書き方例

~~テキスト~~

・結果

テキスト

水平線

*-_を3つ以上連続で記述することで表示可能。
スペースは入っていても表示可能。

・書き方例

***
---
___

* * *

・結果





注釈

テキスト[^1][^1]: 注釈内容で記述。注釈は記述場所に関係なく文末表示となる

・書き方例

    text[^1]
    [^1]: 注釈内容

・結果

text1

マークダウンのエスケープ

\をつけると可能。

・書き方例

\`インライン表示されない`

・結果

`インライン表示されない`

参考にさせていただいたサイト


  1. 注釈内容 

mt_tai
最近プログラミングを学びだした初心者。まだまだ知らないことも多いので日々精進
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした