Help us understand the problem. What is going on with this article?

Sublime Textの設定メモ

More than 5 years have passed since last update.

自分用のSublime Textの設定メモ。設定方法は基本Win。

画面表示

画面2分割 alt + Shift + 2
サイドバー表示 View → Show SideBar
ミニマップ表示 View → Show Minimap
タブ表示    View → Show Tabs
スタータスバー表示 View → Show Status Bar

これら全部消したい場合は Shift + F11
(ちなみにF11でフルスクリーン)

環境設定

Preferences → Setting - User から変更

現在の自分の設定。

{
    //AutoFileNameのwidthとheightの順番を変更
    "afn_insert_width_first": true,

    // カラースキーム
    "color_scheme": "Packages/Color Scheme - Default/Monokai.tmTheme",

    // テーマの設定(※Sodaテーマをインストール済)
    "theme": "Soda Light.sublime-theme",
    //Sodaテーマのタブを角丸に
    "soda_classic_tabs": true,
    //Sodaテーマのサイドバーにアイコンをつける
    "soda_folder_icons": true,

    //フォントサイズ
    "font_size": 10,

    //タブやスペースを常に表示
    "draw_white_space": "all",

    //ブラケットに合わせて自動インデント
    "indent_to_bracket": true,

    //現在行を強調
    "highlight_line": true,

    //サイドバーに表示するフォルダ名を太字に
    "bold_folder_labels": true,

    // tabでの展開の上書きしない for Emmet
    "disable_tab_abbreviations": true,

    // 改行でのフォーマットをしない(日本語変換の確定のため) for Emme
    "disable_formatted_linebreak": true,

    //無視するパッケージ(※"Vintage"を外すとVimっぽくなるらしい...)
    "ignored_packages":
    [
        "Vintage"
    ]
}

詳細:Sublime Text 2 のDefault設定ファイルを眺める - blue_ham_cake1024のブログ

ショートカットキーの設定

インストールしたパッケージと衝突することがあるので、割り当て時、要確認。

Preferences → Key Bindings - User から変更

現在の自分の設定。

[
    //書き方:{ "keys": [ショートカットキー], "command": "コマンド名" }

    //Zen CodingのWrap変換(※初期設定のCtrl+Alt+Enterが気に入らなかったので再設定)
    { "keys": ["ctrl+shift+a"], "command": "expand_as_you_type" }, 

    //<br>をDreamweaverでのショートカットと同じように設定
    { "keys": ["ctrl+enter"], "command": "insert", "args": {"characters": "<br>" } } 
]

コマンド名を調べる:Sublime Text - Commands

パッケージのインストール

まずはプラグインをインストールするためのPackage Controlをインストールしておく。
Installation - Package Control

Package Controlのインストール方法

  1. インストールしたいバージョンのコードコピー
  2. Ctrl + ` でコンソールを起動し、コピーしたソースを張り付け。
  3. Sublime Textを再起動

Package Controlがインストールできたら、
Ctrl + Shift + P で Package Control: Install Package を入力、選択した後、↑↓で入れたいパッケージを選択してEnter

補足:Package Control にある機能。

Package Control..と打つと出るいろいろ。

  • Add Repository
    Package Controlに登録されてなくてGithubなどで公開されているパッケージをインストールできる。 Githubの場合.gitを除いたURLを入力するとパッケージがインストールされる。
  • Disable Package
    パッケージを一時的に無効化
  • Enable Package
    パッケージをサイド有効化
  • Remove Package
    パッケージのアンインストール
  • List Package
    インストールされたパッケージの一覧を見る
  • Upgrade Package アップグレードできるパッケージリストを表示 Sublimeは再起動するごとに自動アップデートが走るので、 よく再起動する場合は必要なし (自動アップデートの設定はPackage Controllのユーザ設定ファイルに auto_upgradeをfalseにすることでoffにできる)
  • Upgrade/Overwrite All Packages Package Control以外からインストールしたパッケージを含む全パッケージをアップグレードする。
  • AddChannel Package Controlのデータベースに登録されているパッケージ以外のリポジトリリストを追加したい場合に使う
  • Discover Package パッケージ検索のコマンドでブラウザが起動する。気になる単語を適当に打って探してみてもいいかも。

sublimeはパッケージのアップデートする際、無限にバックアップを取り続けるので、
いらないものは定期的に削除した方がいいっぽい。
(不具合が起きたとき用に念のため、1つ前のバージョンは残しておいたほうがいいかも)

日本語用に設定

Package Controlから「Japanize」をインストール
インストール後開く設定ファイルの通りに設定。

プロジェクトの活用

サイドエリアに案件ごとのフォルダを追加。
プロジェクトメニューから、名前をつけてプロジェクトを保存
プロジェクト設定を開き、編集

プロジェクト名、パス、非表示にしたいファイル等を記述。

{
    "folders":
    [
        {
            "name": "プロジェクトA",
            "path": "/C/xampp/htdocs/a",
            "folder_exclude_patterns": ["img"]
        },
        {
            "name": "プロジェクトB",
            "path": "/C/xampp/htdocs/b,
            "file_exclude_patterns": ["*.jpg","*.gif","*.png","*.xib","*.sublime-*"]
        }
    ]
}
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away