Edited at

FitbitのOAuth 2.0 APIをPostmanで試してみる方法

More than 1 year has passed since last update.

Fitbitは、腕時計型の活動量計(心拍数計)です。以前、公式チュートリアルを使って試す方法を紹介しましたが、それよりも簡単ですので、お試しあれ。


0. Postmanのインストール

公式サイトからダウンロードします。Chromeの場合、Chrome拡張機能として提供されています。

以降の記事では、Chrome拡張機能としてインストールしたPostmanの画面を前提に説明します。


1. OAuth認証情報を作成

https://dev.fitbit.com/ にアクセスします。

画面右上のREGISTER AN APPボタンをクリックすると、登録フォームが表示されます。

基本的に、何か埋まっていれば良いです。ただし、以下の点に気をつけてください。



  • Descriptionは10文字以上


  • OAuth 2.0 Application TypeにはClientまたはPersonalを選択


  • Callback URLにはhttps://www.getpostman.com/oauth2/callbackを入力


Callback URLは、Postmanで使用する上記のURLを正確に入力しましょう。最後にスラッシュをつけたりしないように。


最後にあるRegisterボタンをクリックすると、登録完了画面が表示されます。

PostmanでOAuth認証を行う場合は、ここにある全てが、次のステップで必要となります。


2. リクエストヘッダにOAuth認証情報を追加

Postmanを起動し、リクエスト生成画面を開きます。AuthorizationタブのTypeNo AuthからOAuth 2.0に変更して、オレンジ色のGet New Access Tokenボタンをクリックします。

出てきたダイアログに、必要な項目を入力します。



  • Callback URLを確認し、先ほど入れたものと違っていたら、Fitbitの登録情報を修正し、ここに表示されているものに合わせます。


  • Token Nameには、任意の文字を指定します。


  • Auth URLAccess Token URLClient IDClient Secretには、先ほどの登録完了画面で表示されていた内容を入力します。


  • Scope(Optional)には、activity heartrate location nutrition profile settings sleep social weightと入力します。


  • Grant TypeAuthorization Codeのままで結構です。

オレンジ色のRequest Tokenボタンをクリックすると、ブラウザが開き、Fitbitのログイン画面が表示されます。Fitbitのログイン情報を入力します。

ログインが完了すると、アクセス許可を求められます。


この画面でなく、「接続しようとしているアプリは Fitbit に有効なデータを提供しませんでした。この問題を報告してください。」と表示される場合は、Callback URLが合っているか、今一度確かめましょう。


許可ボタンをクリックすると、ブラウザが閉じ、Existing Tokensの後に作成されたトークンが表示されます。

トークン名をクリックして、右半分のAdd token toURLからHeaderに変更してから、オレンジ色のUse Tokenをクリックします。

隣のHeadersタブを開くと、Authorizationが追加されていて、値にトークンの内容が反映されています。


ClientからPersonalに変更する場合、また、その逆の場合は、Get New Access Tokenからやり直す必要があります。ただ、Postmanは前回のトークン作成で指定した内容を覚えていますので、ボタンのクリックだけで簡単に再作成できます。



3. クエリの実行

API Document

https://dev.fitbit.com/docs/

PostmanのEnter request URL部分にURLを設定し、青のSendボタンをクリックすると、結果が返ってきます。ドキュメントのExample Request をそのままコピペして実行してみて、少しずつ変更していくのも良いでしょう。


例1:直近1週間の心拍数をゾーン別に取得

https://api.fitbit.com/1/user/-/activities/heart/date/today/7d.json


参考:Get Heart Rate Time Seriesの仕様

https://dev.fitbit.com/docs/heart-rate/#get-heart-rate-time-series


行番号横の小さな三角をクリックすると、要素を畳むことができます。Fitbitのレスポンスは長いため、ぜひ活用しましょう。


例2:2017年3月4日15時55分の心拍数を取得

Personalを指定してFitbitアプリを登録してある必要があります。

https://api.fitbit.com/1/user/-/activities/heart/date/2017-03-04/1d/1sec/time/15:55/15:56.json


参考:Get Heart Rate Intraday Time Seriesの仕様

https://dev.fitbit.com/docs/heart-rate/#get-heart-rate-intraday-time-series