Windows
docker
Docker-Toolbox

Docker Toolboxのインストール:Windows編

More than 1 year has passed since last update.


1.「Docker Toolbox」のインストール

Docker ToolboxをインストールことによりDockerを利用して開発を行うのに必要なソフトウェア一式を導入します。

Toolboxの内容


  • Docker Client

  • Docker Machine

  • Docker Compose (Mac only)

  • Docker Kitematic

  • VirtualBox


1.1.「Docker Toolbox」のダウンロード

https://docs.docker.com/toolbox/overview/にアクセスしてDocker Toolboxをダウンロード

Docker Toolbox


1.2.ダウンロードしたファイルを実行

ダウンロードしたファイルを実行


1.3.インストールの開始:「Next」を押して継続

インストールの開始


1.4.インストール先の確認:「続ける」を押して次画面に

インストール先の確認


1.5.インストールするコンポーネントの選択:「Next」を押して次画面に

インストールするコンポーネントの選択


1.6.追加設定:「Next」を押して次画面に

追加設定


1.7.インストールの開始:「Install」を押してインストールを開始

インストールの開始


1.9.インストール:インストールが完了するまでお待ち下さい

インストール


1.10.インストールが無事完了しましたので「Finish」を押してインストールを終了してください

インストールが無事完了


2.「Docker」の起動確認

Docker Toolboxのインストールが完了しましたので、DockerのGUIである「Kitematic」を起動し動作を確認します。


2.1.Kitematicの起動

ユーザのアプリケーションディレクトリに「Docker」というディレクトリが作成され、その中にKitematicがあります。Kitematicをクリックで起動します。

Kitematicをクリックで起動


2.2.Docker VMの起動

Kitematicを初回起動した場合、VirtualBox「default」と言う名前のDocker仮想マシンが作成されます。作成されるまで(100%)少々待ちます。

Docker仮想マシンが作成


2.3.Docker Hubのログイン

Docker Hubのログインを行います。アカウントが無い場合、いつでも作成・ログインできますので「SKIP FOR NOW」を押してスキップします。

Docker Hubのログイン


2.4.Docker仮想マシンの起動確認


2.4.1.DOCKER CLIの実行

「DOCKER CLI」をクリックしてDockerのコマンドライン・インタフェースを開きます

DOCKER CLI


2.4.2.「docker ps」コマンドを実行して起動の確認

「DOCKER CLI」にて「docker ps」コマンドを実行。エラーが発生せず結果が空のコンテナ一覧が表示されれば「Docker Toolbox」の導入は完了です。

docker ps



インストールが失敗する場合

エラーが発生した場合は、「DOCKER CLI」で、”接続を拒否されました”的なことを言われた場合の対処方法docker-machineのcreateがStarting VM...で止まる、Kitematicの初期化が99%で止まるときを参照してください。

また、hostsファイルに「127.0.0.1 localhost」の記述が無い場合も、Kitematicの初期化が99%で止まるケースもあります。