Java
Yum
Tomcat
wget
rpm

サーバにTomcatを降臨させアプリを起動させたい

More than 1 year has passed since last update.

自前のサーバにJavaで開発したwarファイルをデプロイして、アプリを起動させたい

環境の準備までやってみよう


インストール手順


1. OSの確認


サーバ

$ uname -m

x86_64
$ cat /etc/centos-release
CentOS Linux release 7.1.1503 (Core)


2. wget


サーバ

$ su - root

$ sum install wget


3. JDK1.8 (Java8)


サーバ

$ wget --no-check-certificate --no-cookies --header "Cookie: oraclelicense=accept-securebackup-cookie" http://download.oracle.com/otn-pub/java/jdk/8u161-b12/2f38c3b165be4555a1fa6e98c45e0808/jdk-8u161-linux-x64.rpm

$ ll
合計 170080
-rw-r--r--. 1 root root 174157387 12月 21 04:10 jdk-8u161-linux-x64.rpm
$ sudo yum localinstall jdk-8u161-linux-x64.rpm

http://...から始まるURLはJava SE Development Kit 8 Downloadsのページ各ファイルのURL

上記ページにて「Accept License Agreement 」のラジオボタンにチェックする

ダウンロードしたいファイルを右クリック、「リンクのアドレスをコピー」でURLを取得できる


サーバ

$ java -version

java version "1.8.0_161"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_161-b12)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.161-b12, mixed mode)


yumだとOpenJDKになっちゃう

今回はOracleをいれたいからyumはしない

CentOS6にjdk-1.8.0をインストールした話


3. Tomcat

Apache Tomcat

今回はTomcat8.5を入れる。

Coreをダウンロードするのが一般的かと。


サーバ

$ useradd -s /sbin/nologin tomcat   # Tomcatユーザの追加

$ wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/apache/tomcat/tomcat-8/v8.5.29/bin/apache-tomcat-8.5.29.tar.gz
$ tar -xvzf apache-tomcat-8.5.29.tar.gz
$ ll
drwxr-xr-x. 9 root root 4096 3月 22 22:24 apache-tomcat-8.5.29
-rw-r--r--. 1 root root 9532698 3月 5 22:50 apache-tomcat-8.5.29.tar.gz
$ mv apache-tomcat-8.5.29 /usr/local/tomcat

この後ポートの設定やデプロイが必要となるが今回はここまで


:pray:参考

先人に感謝


OS確認

今更聞けない!LinuxのOSやバージョンの確認方法

Linuxが32ビット版か64ビット版かの確認


wgetとは?

wgetでこういう時はこうする!!

curlとWgetの比較 | POSTD

wgetとcurlの違い - usmysaの開発メモ


JDK

CentOS6.xにOracleのJDK8をインストールする

[CentOS7]Oracle Java8をインストール

Linuxでjdkをwgetする方法


Tomcat

CentOSにJDK、Tomcatをyumでインストールしてしまったものを最新にするとき

CentOSにTomcatをインストールする

CentOS7にTomcat8を構築する方法

Apache Tomcat 8 を CentOS 7 にインストールする手順


yum rpmの違い

【初心者にもわかる】rpmとyumの違いと使い分け一通り