Help us understand the problem. What is going on with this article?

Android Studio0.8.0にSupport packageを使う方法(仮)

More than 5 years have passed since last update.

 MacBookAirにAndroidStudioを導入に書かせて頂いた方法で導入したAndroid Studioはバージョンが0.8.0でした。
 これも用いてSupport packageを使用する際に、ライブラリの追加方法がいまいちわからず、調べることになったのでメモを。
 これで合っているのかよくわからないのですが。
 間違い等あればご指摘願います、よろしくお願いします。

環境

OS X 10.9.3
Android Studio (Beta) 0.8.0

手順

Project Structureを開く

スクリーンショット 2014-07-14 23.23.09.png
 この子ですね、⌘;でも開けます。

Dependencyタブを選択

スクリーンショット 2014-07-14 23.23.28.png
 自分のモジュールを選択して、次にDependencyタブを選択してみました。
スクリーンショット 2014-07-14 23.24.01.png
 ほら、怪しい十字の文字です、選択しました。
スクリーンショット 2014-07-14 23.24.37.png
 Library Dependencyの文字。これだ。きっと。
スクリーンショット 2014-07-14 23.25.10.png
 ありました!(もちろん、SDKマネージャーで事前にダウンロードしていた)OK選択!

解決(?)

 無事にプロジェクトでサポートライブラリを使うことができている、みたいです、たぶん。
 ただ、libフォルダは空っぽで、これでいいのかな?と。
 どうなのでしょう。分かり次第、追記はしたいと思います。ご教授願えれば幸いです。

追記(2014/07/14)

 これだけではダメっぽい。
スクリーンショット 2014-07-14 23.56.02.png

追記(2014/07/16)

 build.gradleのdependenciesを書き換えることで今のところエラーはなくなりました!

build.gradle
android{
hogehoge;
}

dependencies {
    compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
    compile 'com.android.support:support-v4:19.+'
    compile 'com.android.support:support-v13:19.+'
}

om.android.support:support-v4:19.+
compile 'com.android.support:support-v13:19.+
の部分ですね。また問題が出たら、対処していきまする。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away