Edited at

Amazon CloudFront


1.Amazon CloudFrontとは?

コンテンツ配信用のウェブサービスです。

低レイテンシーと高速なデータ転送速度で、コンテンツを配信することができます。


2.料金

以下の点について注意が必要です。


  • データ転送とリクエストの料金は地理的リージョンによって異なり、料金はコンテンツが提供されるエッジロケーションに基づきます。

  • 実行されるリクエストの数とタイプ、およびリクエストが実行される地理的リージョン。

  • Amazon CloudFrontエッジロケーションから送信されるデータの量。

  • 使⽤量が最⼤40Gbps/10万RPS超は上限緩和申請が必要です。


3.特徴


  • コンテンツリクエストは、自動的に最寄りのエッジロケーションにルーティングされるため、可能な限り高パフォーマンスでコンテンツが配信されます。

  • オンプレミスにも対応可能です。


4.ディストリビューション

Adobeメディアを利⽤する場合はRTMPディストリビューションを利⽤するが、通常はWEBディストリビューションを利用する。


  • ダウンロードディストリビューション(WEB)HTTPやHTTPSなどで画像などの配信

  • ストリーミングディストリビューション(RTMP)動画のストリーミング


5.機能


Gzip圧縮機能

エッジ側でコンテンツをGZIP圧縮してより高速に配信可能にする。


キャッシュコントロール機能

キャッシュヒット率を上昇させて効果的なキャッシュ活⽤を可能にする。

 パラメータの値が完全一致したキャッシュを指定することができる。

 必要なのないキャッシュを無効化にすることができる。


6.設計

キャッシュ対象を決定した上で、キャッシュ時間やセキュリティ制御を設計する。


  • コンテンツ利⽤データ分析などを実施して、静的コンテンツ/動的コンテンツへのキャッシュ対象URLを設定する。

  • 変更が反映されるまでの時間も考慮して、キャッシュ時間(TTL)を決定する。

  • セキュリティ対応等のその他の設定事項の要否を決定(SSL認証の有無/HTTPSの有無)する。


7.Demo

S3 + CloudFront でコンテンツを配信してみた

CloudFront の動作を確認してみる