Realsense D435 を Macで動かすのにいろいろハマったのでメモ。

1.Xcodeの”Command Line Tools”をインストール

Macのターミナル上で
$ xcode-select --install

2. Homebrewをインストール

Homebrewのサイトの最初に載っていたコマンド
\$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

ではProxy関連のエラーがでたので、
\$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -x http://proxy.xxx.xxx.co.jp:10080/ -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
のようにして実行。

ただし、その後の
\$ brew install libusb pkg-config
\$ brew install homebrew/core/glfw3
\$ brew install cmake
などでもProxy経由ではエラーがでたので、結局Proxyを使わないネットワークに接続しなおして対応。

3. librealsenseのgitからファイル群をdownload

4. 以下の手順でXcodeを起動

\$ cd hogehoge/librealsense
\$ mkdir build && cd build
\$ cmake .. -DBUILD_EXAMPLES=true -DBUILD_WITH_OPENMP=false -DHWM_OVER_XU=false -G Xcode
\$ open librealsense2.xcodeproj

5. ビルドターゲットをrealsense-viewerにして、Xcodeでビルド

6. Realsenseのファームウェアのアップデート

ファームウェアが古いままでは動作しなかった。
ファームのアップデートだけはWindowsで対応。

参考にしたサイト

Mac版のTouchDesignerではrealsenseに対応していないし、Windows版でもまだD435に対応していなかった・・。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.