Xcode
iOS
Swift

XcodeでUIStepperを使う方法

More than 1 year has passed since last update.

UIStepperとは

こういうやつです。

image

  • 「-」「+」ボタンから構成されています
  • UIStepper 自身が値を保持します(デフォルト:0-100)
  • iOS 5.0で追加されました

※記事中では UIStepper を Stepper と表記することもあります。

この記事の実行環境

  • Xcode 7.3
  • Swift 2.2

使い方

Storyboard 上で Stepper を貼り付けます。

image

Stepper とソースコードを紐付けます。Event は Value Changed にしておきます。

image

UIStepper の現在値は value: Double プロパティで取得できます。

@IBAction func stepperDidTap(stepper: UIStepper) {
    print(stepper.value)
}

試しに実行してみましょう。

▼実行結果
image

「+」ボタンを押すたびに値が増えていることがわかります。

いろいろいじってみる

UIStepper の Attributes Inspector から様々な値を設定できます。

image

  • Value
    • Minimum - Stepper の最小値
    • Maximum - Stepper の最大値
    • Current - Stepper の初期値
    • Step - 「-」「+」ボタンをタップした時の増減値
  • Behavior
    • Autorepeat - 「-」「+」ボタン長押しで値が変化し続けるようにする(デフォルト:オン)
    • Continuous - 常にイベントが発生するようにする。ここをオフにすると、長押し中に何度もイベントが発生しなくなる(デフォルト:オン)
    • Wrap - 最大値を超えると最小値に戻る。逆もまた然り(デフォルト:オフ)

サンプルコード

UIStepper を使って、画面の明るさを調整するサンプルコードです。

https://github.com/koogawa/iSensorSwift/blob/master/iSensorSwift/Controller/BrightnessViewController.swift

image