Help us understand the problem. What is going on with this article?

NXP SE050検証(環境構築編)(prepare for testing NXP SE050)

はじめに

2019/12/14に開かれた IoTSecJPにてお時間をいただき
セキュアエレメントとIoTデバイスセキュリティ
と題してお話させていただきました。
その内容をベースにまとめていきたいと思います。

環境セットアップ

前回、選択したNXP SE050C1を使い、まずはデバイス認識ができるかチェックしていく。
ATECC608Aで実施したArduinoによるデバイス認識方法を試していく。

ESP32-DevkitCを用意しI2Cは100kHzで
SE050をピン21,22に接続する。

image.png
ATECC608Aのように3.3v、GND、SCL、SDAの4本の接続だけでは認識しなかった。Pin15 VOUT とPin18 VCCを接続する必要があるようだ。
ブレッドボードでジャンパーを飛ばす。

テスト結果

Scanning...
device found on I2C port 0 at address 0x48  !
done

Scanning...
device found on I2C port 0 at address 0x48  !
done

問題なく認識できた。
次回以降、ESP32でSE050を動かせるかを試してみる。

kmitsu76
このサイトにおける掲載内容はあくまで私自身の見解であり、私の所属団体・企業における立場、戦略、意見を代表するものではありません。掲載内容は執筆時点の情報をもとにしており、必ずしも最新情報であるとは限りません。 できる限り正確を期すように心がけていますが、間違いがある可能性もあります。 その際はご指摘いただけると幸いです。 記載内容は自己責任のもとで実施ください。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした