Help us understand the problem. What is going on with this article?

VirtualBoxにKUSANAGI for VMwareを入れるまとめ

More than 1 year has passed since last update.

手順

1. ovaファイルのダウンロード

KUSANAGI for VMware – KUSANAGI

2. ovaファイルをVirtualBoxに読み込ませる

ファイルメニューの「仮想アプライアンスのインポート」から、上記でダウンロードしたovaファイルを読み込む。
俺は名前だけ、任意のもの(デフォルト: vm)にした。

3. 起動

VirtualBoxマネージャーから、該当の仮想マシンをダブルクリックして起動

4. ネットに繋がるようにする

VirtualBoxにKUSANAGI for VMware入れたらネットワークから外に出られない問題 - Qiita

5. yumのレポジトリを更新

VirtualBoxにKUSANAGI for VMware入れたらyum updateが404返す問題 - Qiita

6. 公式マニュアルに従い、セットアップ

KUSANAGIの初期設定 – KUSANAGI

[GUEST ROOT]# yum --enablerepo=remi,remi-php56 update -y
[GUEST ROOT]# reboot

[GUEST ROOT]# kusanagi init

7. sshでログインできるようにする

手順6でsshの初期設定が行われるので、その後にauthorized_keysに任意の公開鍵を追加する。

[GUEST ROOT]# wget https://github.com/<my_github_account>.keys
[GUEST ROOT]# cat <my_github_account>.keys >> /home/kusanagi/.ssh/authorized_keys

ホストから、SSHで入れるか確認。

[HOST]$ ssh -l kusanagi 192.168.1.193

8. 公式マニュアルに従い、プロビジョニングする

KUSANAGIのプロビジョニング – KUSANAGI

[GUEST ROOT]# kusanagi provision <任意のプロファイル名>

9. 公式マニュアルに従い、ブラウザから WordPress をセットアップ

WordPressのインストール – KUSANAGI

この時、ホストOSの /etc/hosts に、手順8で指定したFQDNでアクセスできるように設定を追加しておく

[HOST]$ sudo echo 'kusanagi.test 192.168.1.193' >> /etc/hosts

10. kusanagiユーザーからsudoできるようにする

[GUEST ROOT]# vi /etc/group
...
wheel:x:10: -> wheel:x:10:kusanagi # wheel に kusanagi を追加
...

11. wp-cli のアップデート

[GUEST ROOT]# wp --info

PHP binary: /usr/bin/php
PHP version:    5.6.24
php.ini used:   /etc/php.ini
WP-CLI root dir:    phar://wp-cli.phar
WP-CLI packages dir:
WP-CLI global config:
WP-CLI project config:
WP-CLI version: 0.24.0

よく見ると、 wp-cliのバージョンが古い。なのでアップデートする。

[GUEST ROOT]# wp cli update --allow-root

You have version 0.24.0. Would you like to update to 1.5.0? [y/n] y
Downloading from https://github.com/wp-cli/wp-cli/releases/download/v1.5.0/wp-cli-1.5.0.phar...
New version works. Proceeding to replace.
Success: Updated WP-CLI to 1.5.0.

wp-cli は、 root で実行しようとするとエラーが返ってくるので、オプションに---allow-rootを与えて、rootでupdateできるようにする。ちなみに、wpコマンド自体は /usr/bin/ にあるので、 root じゃないとアップデートできない。

[GUEST ROOT]# wp --info

OS: Linux 3.10.0-327.28.2.el7.x86_64 #1 SMP Wed Aug 3 11:11:39 UTC 2016 x86_64
Shell:  /bin/bash
PHP binary: /usr/bin/php
PHP version:    5.6.24
php.ini used:   /etc/php.ini
WP-CLI root dir:    phar://wp-cli.phar
WP-CLI vendor dir:  phar://wp-cli.phar/vendor
WP_CLI phar path:   /root
WP-CLI packages dir:
WP-CLI global config:
WP-CLI project config:
WP-CLI version: 1.5.0

12. wp-cliの設定

このVM内ではWordPressのディレクトリは1つなので、wp-cliのconfigファイルにpathを記載しておく。それにより、wpの実行都度、--path=<wp_dir>というオプションを付けなくて済むようになる。

[GUEST ROOT]# su - kusanagi
[GUEST KUSANAGI]$ echo 'path: /home/kusanagi/<手順8で指定した、任意のプロファイル名>/DocumentRoot/' >> ~/wp-cli.local.yml

[GUEST KUSANAGI]$ wp --info

OS: Linux 3.10.0-327.28.2.el7.x86_64 #1 SMP Wed Aug 3 11:11:39 UTC 2016 x86_64
Shell:  /bin/bash
PHP binary: /usr/bin/php
PHP version:    5.6.24
php.ini used:   /etc/php.ini
WP-CLI root dir:    phar://wp-cli.phar
WP-CLI vendor dir:  phar://wp-cli.phar/vendor
WP_CLI phar path:   /home/kusanagi
WP-CLI packages dir:
WP-CLI global config:
WP-CLI project config:  /home/kusanagi/wp-cli.local.yml
WP-CLI version: 1.5.0

13. 一応、WordPressをアップグレード

[GUEST KUSANAGI]$ exit # rootユーザーに戻る
[GUEST ROOT]# wp core update --allow-root --path=/home/kusanagi/<プロファイル名>/DocmentRoot/
[GUEST ROOT]# wp core version

4.9.5

14. パーミッション変更

セキュリティ的には良くないけど、今回は開発環境としてローカルに用意しただけだし、これでよい。
これをやっておかないと、WordPressの管理画面からWPのアップグレードができないのです…

[GUEST ROOT]# cd /home/kusanagi/<プロファイル名>/DocumentRoot/
[GUEST ROOT]# find . -type f -print | xargs chmod 606
[GUEST ROOT]# find . -type d -print | xargs chmod 707

ファイルまたはディレクトリのみへの chmod コマンド (tec-q note)

今後やれるようにしたいこと

  • 共有ディレクトリ内にWordPressのファイル一式を置く
    • 何気に最重要。なんか共有ディレクトリがうまくマウントされなくて困ってる…
    • (追記) kernel-devel と kernel-devel-3.10.0-327.28.2.el7.x86_64 とをyumで入れたら、Guest Additionをインストールできたので、なんとかなった。
    • (追記) どこにどうマウントするか、という問題はありそう。今んとこ「自動マウント」にして、WPディレクトリをDocumentRoot/にシンボリックリンク貼ってる。
  • パーミッションのマスク値の変更
    • WPが作ったファイルのパーミッションが606でも707でもないと、あとあと困る気がしてる
    • (追記)特に問題ない。WPコアの更新やプラグインのインストールは、FTPでやろう。
      • KUSANAGIのFTPサーバーは、ローカルホストからしか接続できないので、これで問題ない。
  • WordPressのコアを入れるディレクトリを変更しても大丈夫か
    • DocumentRoot/ 直下に wp-config.php とかがあるけど、移設の関係で、 /wp/wp-config.php のように下層に置きたい。
    • (追記)大丈夫だったが、KUSANAGIコマンドがWPの位置を補足できなくなり、動かなくなる。その場合、kusanagiの設定ファイルを書き換える必要が出てくるので、あまりオススメはしない。

関連記事

kkotaro0111
ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニア・ビデオグラファー
http://utage.works
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした