Help us understand the problem. What is going on with this article?

Twurl で連携アプリ認証し、アクセストークンとシークレットを取得

Twitter API で遊んでいるときに、開発者アカウント以外のサブアカウントでアクセストークンが欲しくなったので、twurl で連携アプリ認証して取得してみました。
認証処理を自力で実装する必要がなくなります (外部に公開するアプリの場合は結局作らないといけませんが) 。

参考「GitHub - twitter/twurl: OAuth-enabled curl for the Twitter API

1. インストール

Twurl のインストールに Ruby を使用するのであらかじめインストールしてください。
古いバージョンの Ruby だとインストールできません。

参考「Ubuntu で最新版の Ruby をインストール - Qiita」(Ubuntu の場合)

インストール
gem install twurl

2. 連携アプリ認証

アプリの API キーと API キーシークレットから、アプリの認証画面の URL を取得します。

連携アプリ認証画面 URL 取得
twurl authorize --consumer-key '...' --consumer-secret '...'

Twitter にログインした状態のブラウザで URL を開き、認証ボタンを押します。
すると PIN コードがブラウザ上で表示されますので、ターミナル上で待機している twurl に入力すれば認証完了となります。

3. アクセストークンとアクセストークンシークレットの取得

twurl コマンドからはアクセストークンとアクセストークンシークレットが見えないようになっているため、ローカルに保存されているファイル ~/.twurlrccat コマンドなどで直接見ます。

~/.twurlrc (イメージ)
---
profiles:
  twitterdev:
    aQYdF8KMEKn2f28GEeOyhMFGR:
      username: twitterdev
      consumer_key: aQYdF8KMEKn2f28GEeOyhMFGR
      consumer_secret: 3TKyJ08KDXPNpnUznlgqAHeCFrcI9UktoFfvOrfrLuipDjOceL
      token: 766494776020356823-isa427xU1StuTg61eKTWYLSR5BL11qk
      secret: gORljqA8Og1GRSE6lx3rpkwLf5al1f0onHei3A5Wr14cC
configuration:
  default_profile:
  - twitterdev
  - aQYdF8KMEKn2f28GEeOyhMFGR

(※値はダミーです。実際にアカウント twitterdev で認証したわけではありません。)

tokensecret の値から、アクセストークンとアクセストークンシークレットを調べることができます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした