Help us understand the problem. What is going on with this article?

人生を可視化しよう

背景

じぶんリリースノートなる考えをこちらの記事で初めて知りました。詳細はリンク先で確認いただければと思いますが、私の勝手な解釈だとじぶんリリースノートとはリリースノートの形式に模した日記のようなものだという認識です。とても面白い試みで、私も似たようなことを是非やってみたいと思ったのが今回の試みの大きなきっかけです。ただ私の場合はパプリックなリリースノート形式にこだわりがないのと、仮にこれを1年間ぐらいやったときに過去1年間ふりかえるの辛そうだなと思ったので、自分なりのソリューションを考えました。

やりたかったこと

私がやりたかったこととしては、人生において残しておきたい出来事やデータを記録しておくことです。残したいことの基準は特になく独断と偏見で決めていきます。今の段階で残そうとしているものは具体的に
- インプットしたこと(読書とか勉強)
- アウトプットしたこと(プログラムとか記事)
- 遊んだ記録(旅行とかゲーム)
みたいなのです。また、それに付随するメモやふりかえりなども残していこうと思います。基本的には実績ベースのことしか残しません。

データを残す以外にやりたかったことは次のようなことです。
- 1週間とか1ヶ月毎に気軽にふりかえりたい
- グラフとか使ってカッコよく可視化していきたい
- モバイルからでも気軽に入力できるようにしたい
- クラウド上に保存できる
- お金がかからない
- 保守が楽

以上を念頭にいい感じのソリューションを考えました。

やったこと

最初は Git 使ってやろうだとかお手製のアプリを作ってやろうかとか考えたんですが、簡単な入力フォームと DB と BI ツールがあればやりたいことができるんじゃ...と気付きました。そんなありがちなものは既にサービスとして提供されているはずで、最終的には Google Cloud で提供されているサービスを組み合わせて実現しました。

概要図

systemoverview.png

概要図としては以上のものになります。シンプルですね。流れとしては、暇なときに Google フォームにやったことをデータとして入力します。すると勝手に Google スプレッドシートにデータが保存され、保存されたデータも勝手に Google データポータル に連携されます。定期的にメールでダッシュボードを通知することもできるので、ダッシュボードを予め作っておけばわざわざ Google データポータルを開かなくとも1週間、1ヶ月のフィードバックがグラフとして参照できるという算段です。

入力フォーム

入力フォームは下記表のような構成にしました。何のデータを残したいかは人それぞれだと思うので、ここは自分の好きなように設定すればいいと思います。本当はカテゴリ分類は後の BI ツールのことも考えてドリルダウンができるよう階層化したかったのですが、Google フォームでやるには実現・保守ともに面倒くさそうだったので妥協しました。階層化すると入力も面倒になるのでそこはトレードオフかなと思います。Google フォームはフォームの編集が直感的でシンプルなので、カテゴリのメンテもとても簡単なところもいいです。また、入力フォームのアドレスをスマホに共有しとけばいつでも入力することができます。

項目名 項目説明 必須項目
Title やったことのタイトル
Done at やった日付
Influence 人生における影響度(1〜5で表す)
Category カテゴリ分類
Description やったことの詳細説明
Link 関連リンク

できたもの

最終的なアウトプットはこんな感じのものになります。適当に覚えていた出来事を入れただけで、今のところデータ数はそんなにないです。ダッシュボードの見た目はセンスが残念なところですが、その割にはいい感じじゃないでしょうか。ここ1ヶ月は遊んでばっかりなのがよくわかりますね。
dashboard_sample1.png

ちなみに Google データポータルには「コミュニティ由来ビジュアル表示」というものがあり、サードパーティ製のグラフコンポーネントが使えます。その中に Timeline というものもあり、これを使うといままでの軌跡がとてもいい感じに可視化されます。まだデータ数が少ないのでさっぱりとしてますが、長いことデータを貯めていけばもう少し様になるのかなと思います。
dashboard_sample2.png

あとがき

まだちゃんと使い始めてないので、使い勝手はなんとも言えないですが、個人的には満足できるものができました。こういう風にグラフとして見られれば続けるモチベーションも上がるかなと思います。ちなみに、今回のものを実現する上では一切コーディングをしていません。いい時代になりましたね。今回は可視化ツールとして SaaS として提供されていたので Google データポータルを使用しましたが、 スプレッドシートのように形式的にデータを保存していれば Apache Superset などの BI ツールとも連携できるので他の選択肢もあるかなと思います。応用として ToDo 系のアプリやGoogle カレンダーで完了したタスクを API連携 や IFTTT などのアプリで連携すれば入力フォームもいらないようになるんじゃないかなと思いました。みなさんもぜひやってみてください。

追記:
1年間やってみました→https://qiita.com/kaku10/items/94f4574aeb5d2694c284

kaku10
YDD (Yaritaikoto Driven Developer)
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away