Help us understand the problem. What is going on with this article?

初心者向け:AWS(EC2)にRailsのWebアプリをデプロイする方法 ⑤

More than 3 years have passed since last update.

参考

  • 以下の記事を参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

0から始めるAWS入門③:ELB編

目次はこちら

初心者向け:AWS(EC2)にRailsのWebアプリをデプロイする方法 目次

手順

ロードバランサーの作成

左側のリストから、ロードバランサーを選択します。

スクリーンショット 2017-05-27 20.32.35.png

「ロードバランサーの作成」をクリックします。

スクリーンショット 2017-05-27 20.34.13.png

以下が表示されます。

スクリーンショット 2017-05-27 20.35.12.png

今回は、「標準ロードバランサー」を選択します。

スクリーンショット 2017-05-27 20.35.47.png

「次へ」をクリックします。

スクリーンショット 2017-05-27 20.36.36.png

赤囲みの部分を入力します。

スクリーンショット 2017-05-27 20.37.26.png

スクリーンショット 2017-05-27 20.38.55.png

赤丸の部分をクリックします。

スクリーンショット 2017-05-27 20.42.06.png

以下のように設定されます。

スクリーンショット 2017-05-27 20.42.45.png

「次の手順:セキュリティグループの割り当て」をクリックします。

スクリーンショット 2017-05-27 20.43.57.png

作成したセキュリティグループを選択します。

スクリーンショット 2017-05-27 20.45.38.png

「次の手順:セキュリティ設定の構成」をクリックします。

スクリーンショット 2017-05-27 20.46.22.png

何もせず、「次の手順:ヘルスチェックの設定」をクリックします。

スクリーンショット 2017-05-27 20.48.02.png

①〜③を設定します。

スクリーンショット 2017-05-27 20.52.23.png

スクリーンショット 2017-05-27 20.55.09.png

「次の手順:EC2インスタンスの追加」をクリックします。

スクリーンショット 2017-05-27 20.56.00.png

作成したインスタンスを選択します。

スクリーンショット 2017-05-27 20.57.16.png

「次の手順:タグの追加」をクリックします。

スクリーンショット 2017-05-27 20.58.12.png

キーに Name 、値に アプリ名-Webserver と入力します。

スクリーンショット 2017-05-27 20.59.54.png

ChristChurches-Map-Webserver

「確認と作成」をクリックします。

スクリーンショット 2017-05-27 21.00.46.png

「作成」をクリックします。

スクリーンショット 2017-05-27 21.01.58.png

「閉じる」をクリックします。

スクリーンショット 2017-05-27 21.02.43.png

作成したロードバランサーを選択し、インスタンスをクリックします。

スクリーンショット 2017-05-27 21.03.26.png

状態が、InService になっていたらOKです。

もしなっていなかったら、リロードしてください。

それでもなっていなかったら、何かしらの問題があります。

スクリーンショット 2017-05-28 0.57.47.png

Railsアプリの起動

ディレクトリの場所を確認します。

$ pwd
/var/www/projects/アプリ名

プリコンパイルを実行します。

$ bundle exec rake assets:precompile RAILS_ENV=production

Nginxを再起動します。

$ sudo service nginx restart
Stopping nginx:                                            [  OK  ]
Starting nginx:                                            [  OK  ]

Unicornを起動します。

$ bundle exec unicorn_rails -c /var/www/projects/アプリ名/config/unicorn.conf.rb -D -E production

$ bundle exec unicorn_rails -c /var/www/projects/christchurches-map/config/unicorn.conf.rb -D -E production

Uniconの起動を確認します。

$ ps -ef | grep unicorn | grep -v grep
501       3802     1  5 16:02 ?        00:00:01 unicorn_rails master -c /var/www/projects/christchurches-map/config/unicorn.conf.rb -D -E production
501       3805  3802  0 16:02 ?        00:00:00 unicorn_rails worker[0] -c /var/www/projects/christchurches-map/config/unicorn.conf.rb -D -E production
501       3807  3802  0 16:02 ?        00:00:00 unicorn_rails worker[1] -c /var/www/projects/christchurches-map/config/unicorn.conf.rb -D -E production

ブラウザから表示を確認します。

http://IPアドレス/

http://52.192.101.190/

画面に表示されればOKです。

スクリーンショット 2017-05-29 21.18.04.png

以上で、IPアドレスによるデプロイは完了しました。

ここからは、ドメインを適用する方法を紹介します。

以下に続きます。

初心者向け:AWS(EC2)にRailsのWebアプリをデプロイする方法 ⑥

iwaseasahi
キリスト教の牧師から、エンジニアに転職しました。全くの未経験で、2016年2月からプログラミングを勉強し始め、同年10月にエンジニアに就職できました。その後、2019年7月よりプロダクトマネージャーを担当しています。紆余曲折ある人生ですが、エンジニアは素晴らしい職業だと感じています。
sight-visit
資格のオンライン予備校「資格スクエア」, 契約管理サービス「NINJA SIGN」を運営するスタートアップ
https://sight-visit.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away