Help us understand the problem. What is going on with this article?

Power BI歴1年の気づき

はじめに

image.png Power BIをはじめて、約1年経ちました。初心者のころは、 初心者向けに書かれたQiita記事等を頼りにはじめ、自分でもまとめてみたりPower BI 勉強会にも参加し、自習したり会社でも勉強会するなどして、少しづつですがPower BIの理解が深まりました。そして、1年経ってみると、Power BI自体も相当進化しロゴも変わり、COVID-19の影響もあって益々動画が大事になり、などなど、いろいろ進化や変化があったなと思います。この1年を振り返って、この辺りに特に注目を、という点をまとめてみました。

大きな前提

 Power BIを詳しく知っていくには、英語コンテンツが欠かせません(明らかに、日本よりもその他各国のPower BI文化が醸成されています)。私が入っている海外のPower BIグループの一つは、「モスクワ ·ウクライナ · ロシア·ベラルーシ」です。投稿されるPower BIのBizを見るとイメージがなんなくわかり、気になる話題はfbの翻訳機能を使い、何がホットなのか注目するだけでもよしとしています。沢山のPower BI話についていくために、英語が不得意だ、という気持ちは捨てます。YouTubeなど、動画だと字幕も付くこともありますし、ブラウザだと翻訳機能もあります。全部の話がわからなくても、大事な観点がひとつでもふたつでも拾えるぐらいでやっていくことにしました。

直近の変化についていく

 Power BIは約1ヶ月毎にアップデートされ進化します。Power BI公式ブログ(Power BI ブログ — 更新とニュース | Microsoft Power BI)やそのYouTube動画(Power BI Desktop Update - YouTube)を見ていく。早送りでも何でも。何が変わっていっているのかの概要をつかむだけでも有用です。

 そして、優吾さん ( @yugoes1021 )さんが、週次で、 Power Platform Weekly News - YouTube を配信してくださっています。Power BIの他、関連サービスの変化もわかります。こちらをチャンネル登録して見ていく。1.25~1.5倍速にしての見方も。

DAXを深めていく

 「 DAX Book Camp by Power BI 勉強会
 かがたさん ( @PowerBIxyz )が、8月からほぼ毎月、土曜の午後いっぱいじっくりと、勉強したことの発表と、その突っ込み、ときどきディープなご指導、参加者通しの意見交換を少人数で開催されています。毎回、13時から18時前まで結構時間いっぱいです。レベルが高い、低いは関係なく、自分で学んだことを話してみるだけで、突っ込みも受けられ、力になりますよ。自分でまず勉強する、というのも参加条件になっているのが大きいですね。

無料だけど有益な学習コンテンツをやるべし

 Power BIには、すばらしい学習コンテンツが沢山あります。特に良かったなというのはこちらです。

その先に有料でも有料なコンテンツもありますね。例えば、SQLBI ですね。

ここまでのリンク元のいくつかは、Power BI Desktopの[ヘルプ]やPower BI Serviceのホーム画面(Power BI)等のリンク元になっています。
image.png

YouTubeの人気コンテンツになじむ

Teamsに近づいてきた

 Teams左側のナビゲーションバーのコンテクストメニュー(...)からPower BIを呼び出せます( Power BI アプリを Microsoft Teams に追加する - Power BI | Microsoft Docs )呼び出し後、ピン留めで固定することを忘れずに。
 BIの画面に少しでもスムーズにアクセスできるようにすること、大事ですね。
image.png

2020年に発出されたおすすめPower BI動画

寝る前も動画

 動画、動画、動画... と何かと動画なので、最近では寝る前も天井プロジェクターで見ています。
image.png

オススメのプロジェクターメーカーはXGIMI(XGIMI)です。
大きめの画面のスマホ見ながらの寝落ちもよくあります。

おわりに

 初心者を通り越して、初~中級からさらに学習がんばるぞー、といった段階向けにまとめました。
これからも、楽しんで頑張ってPower BI Lifeを続けていきたいと思います。

ishiayaya
可視化関連が好きです。
https://note.mu/ishiayaya
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away