Help us understand the problem. What is going on with this article?

いしかわのPower BIレポート集

はじめに

 これまでに作成した主なPower BIレポートを集めたものです。随時追加していきます。

書籍「チーム改革のスイッチ」の索引とGoogle検索

@Nobu-NEWTON さんの書籍「チーム改革のスイッチ」の索引のPower BIレポートを作成しました。
ポイントは各用語のGoogle検索ができる点です。

image.png

東京・町田市のCOVID-19発生状況

image.png

de:code 2020 セキュリティ関連セッション

image.png
- Power BIレポート → https://bit.ly/decode20-security
- データソース de:code 2020

活動の見える化

 タイムトラッキングツール Toggl - Free Time Tracking Software をPower BIで可視化したサンプルです。
 Togglは5人までのチームであれば無料で、それ以上だと有料等のプランがあります。サンプルはシンプルですが、もちろんもっと見たいものの見方に好きなように変えていくのがよいでしょう。
本レポートと関連した活動の見える化については、7/31に下記のイベントに登壇してお話する予定です。

『チーム改革のスイッチ』出版記念 #3(見える化、自分の行動の透明性) - connpass

image.png

金融庁 システム障害レポート 2020 事例集

image.png

Power Platform Day Summer '20 時間割

 JPPUGで、2020/07/04(土)実施されたイベントの時間割です。Tweetもできます。講演者の関連ページへのリンク、講演スライド、YouTube動画等追加しています。

image.png

私のQiita関連のログ

@yugoes1021 さんの[Power BI Tips] Qiita の投稿記事を API でデータを取得して Power BI で可視化&分析したい - Qiita のテンプレートにより作成させてもらいました(カスタマイズしないと...w)

image.png

私の不整脈と電気ショックの発生状況(2019年末~2020年2月)

image.png

イベント時のTwitterデータ収集

 Power AutomateでTwitterから収集して、Cognitive ServiceのテキストAPIで感情分析したあと、Power BIに。

image.png

  • Power BIレポート (非公開)
  • データソース Twitter

今後もイベントによって収集するデータを変えていきますw

2018~2019年の台風情報

image.png

おわりに

 さくっと作れて、公開できるところが手軽でいいですね~

  • Power BIレポート →
  • データソース
ishiayaya
可視化関連が好きです。
https://note.mu/ishiayaya
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした