Edited at

デジタルサイネージアプリ「Sign!」(iOS版)とその実装機能の紹介

よちよちサンデープログラミングトップへ


はじめに

デジタルサイネージアプリ「Sign!」(iOS版)は、iPadやiPhoneをシンプルなデジタルサイネージとして使うためのアプリです。

WebページやGoogleスライドで作ったスライドショーや、固定のテキストメッセージやTwitterへの投稿をティッカー(流れるテキスト)としてフルスクリーンかつノースリープで表示し続けるもので、複数のページをめくって切り替えられるものです。

そのため、例えば商品POP、レストランのメニュー、展示ブースの看板、電光掲示板などに使えます。

Sign!利用イメージ


  • アプリのダウンロードは、こちら

本記事では、Sign!で実装している各機能をTipsとして解説します。


開発・実行環境

Sign!は、以下の環境で開発・実行しています。


  • 開発環境 : macOS、Xcode(9~10)、Swift(4~5)

  • 実行環境 : iOS 11以上


アプリの構成の概要

Sign!は、Webページやティッカーテキストを表示するためのWebビュー(WKWebView)が1画面に1つ表示されており、複数の画面をページめくり(UIPageViewController)で切り替えられるようになっています。

Webビューには、HTTPS(やHTTP)でアクセスできるWebページやWebスライドショー(Googleスライドなど)の他、文字列をティッカー表示するためにアプリ内部で保持する固定的なHTMLを表示します。

ティッカー表示する文字列としては、ユーザが入力した固定のテキストメッセージの他、Twitterのツイートも表示できます。ツイートは、特定のユーザ名やハッシュタグのものを定期的に検索し、最も新しいもの1つが表示されます。

また、アプリの画面下部には、広告(AdMob)が、画面サイズや向きに応じて異なるサイズで表示されます。


実装している機能

本アプリを実現するために、以下の機能を実装しており、それぞれTipsとして解説していきます。

※リンクをクリックするとTips解説記事に飛びます。リンクされていない項目は、記事を鋭意作成中です。