Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

Turbo Pascal 5.5 を Windows 10 (64bit) / 11 にインストールしてみる

はじめに

Embarcadero からアンティークソフトウェアとして無償公開されている Turbo Pascal 5.5 を、Windows 10 (64bit) / 11 環境で使えるようにする方法についての詳細です。

■ Turbo Pascal 5.5

Turbo Pascal は Borland 系 Pascal コンパイラであり、Pascal 言語用統合開発環境 (IDE) 製品です。
image.png
Turbo Pascal 5.5 はオブジェクト指向拡張が行われた最初の Borland 系 Pascal で、Delphi に連なる Object Pascal の始祖です。

See also:

インストール

  • Turbo Pascal 5.5 は MS-DOS で動作するアプリケーションなので、MS-DOS や 16bit Windows へは普通にインストールできます。
  • 32bit Windows の場合、OS の種類によっては NTVDM が別途インストールされるかもしれませんが、基本的にはそのままインストールできます。
  • 64bit Windows では MS-DOS アプリケーションが動作しませんので、MS-DOS Player を使って動作させます (DOSBox 上でも動作可能です)。

本記事は Windows 10 (64bit) / 11 への Turbo Pascal 5.5 インストールを試みるものとなっています。

MS-DOS Player

MS-DOS Player アーカイブの binary サブフォルダには複数のバージョンの MSDOS.EXE があります。

32bit 版 64bit 版 説明
i86_x86 i86_x64 8086 サポート
v30_x86 v30_x64 V30 サポート
i286_x86 i286_x64 80286 サポート
i386_x86 i386_x64 80386 サポート
i486_x86 i486_x64 80486 サポート
ia32_x86 ia32_x64 IA32 (Pentium) サポート

基本的にはどれを使っても構いませんが、リストの下に行くほど高機能かつバイナリサイズが大きくなります。

MS-DOS Player では MS-DOS アプリケーションを 64bit Windows で動作するようにコンバートできるのですが、この時できる実行ファイルのサイズも MSDOS.EXE のサイズに比例します。

Download: MS-DOS Player (TAKEDA, toshiya)

具体的なインストール手順

1. Turbo Pascal 5.5 をダウンロード

CodeCentral から Turbo Pascal 5.5 をダウンロードしてきます。
image.png
Download: Antique Software: Turbo Pascal v5.5 (Embarcadero)

※ EDN アカウントを持っていない場合には、事前に EDN アカウントを取得する必要があります。

2. アーカイブを解凍

ダウンロードした TP55.ZIP を適当な場所に解凍します。
image.png
解凍すると TP55 フォルダができます。

3. MS-DOS Player をコピー

ダウンロードした MS-DOS Player (MSDOS.EXE) を TP55 サブフォルダ内にコピーします。
image.png

4. セットアップスクリプトの作成

TP55 サブフォルダ内にセットアップ用のスクリプト SETUP.CMD を作成します。
image.png
内容は次の通りです。

SETUP.CMD
@ECHO OFF
CLS

SET TP=TP55
SET TPBGI=%TP%
SET TPOOP=%TP%
SET TPEXAMPLE=%TP%
SET TPDOC=%TP%\DOC
SET TPTURBO3=%TP%\TURBO3

MKDIR .\%TP%
MKDIR .\%TPBGI%
MKDIR .\%TPOOP%
MKDIR .\%TPBGI%
MKDIR .\%TPEXAMPLE%
MKDIR .\%TPDOC%
MKDIR .\%TPTURBO3%

:: Turbo Pascal Directory
COPY .\DISK1\README       .\%TP%
COPY .\DISK1\README.COM   .\%TP%
COPY .\DISK1\THELP.COM    .\%TP%
COPY .\DISK1\TPC.EXE      .\%TP%
COPY .\DISK1\TURBO.EXE    .\%TP%
COPY .\DISK1\TURBO.TPL    .\%TP%
COPY .\DISK1\UNPACK.COM   .\%TP%
COPY .\DISK2\TINSTXFR.EXE .\%TP%
msdos -e .\%TP%\UNPACK -r .\DISK1\HELP.ARC     .\%TP%
msdos -e .\%TP%\UNPACK -r .\DISK1\TOUR.ARC     .\%TP%
msdos -e .\%TP%\UNPACK -r .\DISK2\UTILS.ARC    .\%TP%

:: Graphics Subdirectory
msdos -e .\%TP%\UNPACK -r .\DISK2\BGI.ARC      .\%TPBGI%

:: OOP Example Subdirectory
msdos -e .\%TP%\UNPACK -r .\DISK2\OOPDEMOS.ARC .\%TPOOP%
msdos -e .\%TP%\UNPACK -r .\DISK2\TCALC.ARC    .\%TPOOP%

:: Example Subdirectory
msdos -e .\%TP%\UNPACK -r .\DISK2\DEMOS.ARC    .\%TPEXAMPLE%

:: Documentation Subdirectory
msdos -e .\%TP%\UNPACK -r .\DISK2\DOC.ARC      .\%TPDOC%

:: Turbo Pascal 3.0 Compatibility Subdirectory
msdos -e .\%TP%\UNPACK -r .\DISK2\TURBO3.ARC   .\%TPTURBO3%

pause

環境変数の内容を変更して、純正インストーラと同じ処理にする事ができます。

環境変数 指定されるフォルダ デフォルト
TP Turbo Pascal Directory TP55
TPBGI Graphics Subdirectory TP55
TPOOP OOP Example Subdirectory TP55
TPEXAMPLE Example Subdirectory TP55
TPDOC Documentation Subdirectory TP55\DOC
TPTURBO3 Turbo Pascal 3.0 Compatibility Subdirectory TP55\TURBO3

image.png

5. セットアップスクリプトの実行

スクリプト SETUP.CMD を実行します。
image.png
TP55 フォルダが生成されます。

6. フォルダの移動

生成された TP55 フォルダを任意の場所に移動します。ここでは C:\DOS フォルダへ移動したものとして話を進めます。

7. TPC.CFG の作成

C:\DOS\TP55 フォルダの中に TPC.CFG を作成し、ユニットパスを指定します。デフォルトのスクリプトのままだと次のような内容になります。

TPC.CFG
/UC:\DOS\TP55;C:\DOS\TP55\TURBO3

/C オプションの後にユニットパスをセミコロン区切りで指定します。具体的にはスクリプトの環境変数 BGITURBO3 が指すパスを指定します。
image.png
ユニットパスは IDE の [Options | Directories]Unit directories: からも設定できます。

8. 起動スクリプトの作成

C:\DOS\TP55 フォルダの中に TURBO.CMD を作成します。

TURBO.CMD
@echo off
cls

set PATH=C:\DOS\TP55;%PATH%
cd C:\DOS\TP55

chcp 437
msdos turbo.exe

※ 日本語環境の Windows の場合、TURBO.EXE の実行前に chcp 437 を実行しないと表示がおかしくなります。
MSDOS.EXEC:\DOS\TP55 フォルダまたはパスの通ったフォルダにコピーしておきます。

TURBO.CMD を実行すれば、めでたく Turbo Pascal 5.5 が起動します。
image.png

9. 起動用ショートカットの作成

起動用ショートカットは次のように指定します。
image.png

項目 内容
リンク先 C:\Windows\System32\cmd.exe /c C:\DOS\TP55\TURBO.CMD
作業フォルダ C:\DOS\TP55

アイコンはお好きなものを指定して下さい。

Download: Turbo Pascal 5.5 Icon

おわりに

本来は TP55\DISK1 にある INSTALL.EXE を実行すればインストールできるのですが、

  • MS-DOS Player では *.ARC の解凍で止まる (そのままでは UNPACK.COM が動かない)。
  • ディスク交換の際にエラーになり、ファイルコピーを余儀なくされる。

ちょっとした罠があるため、Windows 10 (64bit Windows) / 11 では上記手順でのインストールをオススメします。

※ なお、この問題は同じアンティークソフトウエアである Turbo Pascal 1.0Turbo Pascal 3.02 では発生しません。

See also:

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
0
Help us understand the problem. What are the problem?