2
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

NUCで始めるVMware Tanzu - vSphereクラスタの構築(Nested編)

本日はNestedでクラスタを組みます!

今回のネットワーク構成

Day8をベースに、Nested構成を組んでいきます。また、検証用途にvCenterを作ったり壊したりできるよう、NUC用のvCenterとnested用を分けることにしました。
だんだん密になってきましたね。。
nestedlab.png
今回は、vCenterからESXiを作っていきたいと思います。
Day7は何だったんだよ!と、突っ込まないで下さいw)

データストアISOのアップロード

まず最初に、NUCにインストールした時同様、インストール用のISOを用意する必要があります。
各NUCのデータストアから読み出すため、計4箇所にISOを設置する必要があります。

実はコンテンツライブラリを使えば、一つのデータストアから他のNUCにもISOデータの共有がいけるかなぁと試してみたのですが、コンテンツ配布の制約として、公開できるのは仮想マシンテンプレートのみでした。残念。。

まずは、1台目のNUCを選び、「1データストア」のところをクリック

対象のデータストアを選択し、ESXiのISOを「ファイルのアップロード」します。
datastore
365MB程度なので、数十秒ほどでアップロード完了するかと思います。
続いて、「コピー先」を指定して、他の3台にもISOファイルを配りましょう。
スクリーンショット 2020-12-08 23.30.20.png
このようにdatastoreを指定して「OK」のみ。物理LAN経由なので、転送速度が速かったです。

Nested ESXi作成(ESXi01)

再びメニューから「ホストおよびクラスタ」に戻り、「Cluster01」から「新規仮想マシン」を選択。

vCenterからだと、仮想マシンの作成パターンが増えましたね。このままで「NEXT」
スクリーンショット 2020-12-08 17.42.24.png
(2-6の手順は直感的に選べるので、詳細は割愛)
ハードウェアのカスタマイズのところだけ、自分の行った設定を紹介します。

  • CPU: 4
  • ソケットあたりのコア:1
  • 「CPUホットアドの有効化」にチェック
  • 「ハードウェアアシストによる仮想化をゲストOSに公開」にチェック
  • IOMMU:「有効」にチェック
  • メモリ:32GB
  • メモリホットプラグ:「有効化」にチェック
  • ハードディスク:40GB
  • ディスクプロビジョニング:「シンプロビジョニング」
  • USBコントローラ:USB3.1
  • ネットワークアダプタ:VM Network
  • CD/DVDメディア:「コンテンツライブラリISOファイル」(先ほどのISOを指定)
  • CD/DVDメディア:「データストアISOファイル」(先ほどのISOを指定)
  • 「接続...」にチェック スクリーンショット 2020-12-08 18.17.53.png はい、パワーオフの状態で、サクッと作成されました:grinning: スクリーンショット 2020-12-08 18.20.00.png

クローン作成(ESXi02-ESXi04)

同じやり方を後3台行っても良いのですが、せっかくなので、「クローン作成」してみましょう!

先ほどよりメニューは少なめですね。VM名を入力して「NEXT」
スクリーンショット 2020-12-08 18.25.39.png
(2と3の手順は同じなので、詳細は割愛します)
数ステップ省略された印象。下記のチェックボックスを入れると、詳細なカスタマイズも可能。
このまま「NEXT」でOK
スクリーンショット 2020-12-08 21.50.30.png
はい、無事に4台の空箱が出来上がりました!

VMware Remote Console

ここから先の作業は、VMware Remote Console(以下、VMRC)が便利です。
画面の指示に従ってMy VMwareからダウンロードしても良いですが、Macの人は、App Storeからインストールした方が楽でしょう。

もう一つ、Macの注意点があって、インストール時によく使う、「F11キー」に「デスクトップを表示」が割り当てられていることがあります。解除するか、別のキーマップを割り当てましょう。
スクリーンショット 2020-12-09 0 26 16

ESXiのインストール

ここからは、Nested ESXiにHypervisorをインストールしていきます。
4台いっきに「パワーオン」しちゃいましょう!
スクリーンショット 2020-12-09 0 13 26
さらに、4台とも、「REMOTE CONSOLEを起動」しちゃいましょう。

4台同時に作業出来ちゃうのは、vCenterの強みですね:smile:

インストール手順自体は、Day5と一緒です。さくっと終わらせちゃいましょー

ESXiのIP変更

そういえば、ESXiのIP変更手順を紹介してませんでしたので、ここで行います。
冒頭の図に合わせ、192.168.5.21-192.168.5.24にしていきます。
VMRCを起動し、「F2キー」で管理画面に入りましょう。この後、rootに設定したパスワードを入力します。

こちらが管理画面。「Configure Manamement Network」を選択し、「Enter」

「IPv4 Configuration」を選択し、「Enter」

「Set static IPv4〜」をスペースキーで選択し、アドレスを修正して、「Enter」

ついでに、IPv6もdisableにしておきましょう。その後、「Esc」キーを押すと変更確認が出るので、「y」キーで適用します。
スクリーンショット 2020-12-09 0 02 04
この後、自動的に再起動され、IPアドレスが変更されます。

現在のリソース状況

今日は力尽きてきたので、魚拓を取って終わろうと思います。

nested-esxi01-04

4台とも図ったように同じ値でした!ストレージは今回結構消費しましたね。。他は全然ですね。

  • CPU:42MHz
  • メモリ:327MB
  • ストレージ:32.52GB

スクリーンショット 2020-12-09 1 32 23

NUC(物理ESXi)

1台目だけ、vCenter分消費してます。2〜4台目はほぼ一緒。まだまだ余裕ですね。
スクリーンショット 2020-12-09 1 38 10
スクリーンショット 2020-12-09 1 38 33

vCenter

CPUは、やっと1GHzといったところ。メモリは30GB消費。
ストレージは今回結構消費しましたね。。175GB位かな。
スクリーンショット 2020-12-09 1 41 21

本日は終了です!
明日は、別のvCenter作って、nested esxiを参加させるところまでかな。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
2
Help us understand the problem. What are the problem?