Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What are the problem?
Organization

Azureでデータ活用してみる(データ可視化編)

概要

Azure Databricks notebooks上でもデータの可視化が可能でしたが、Azureでデータ可視化と言えば、言わずもがなPower BIが候補に挙がってくるのではないでしょうか。
そこで、Power BIを利用してみたいと思います。

Azure DatabricksとPower BIの連携

アクセス情報の確認

[Compute]から使用するクラスタを選択
Databricks_クラスタ選択.png

[Advanced Option]をクリック
Databricks_AdvancedOptions.png

[JDBC/ODBC]を選択し、[Server Hostname]と[HTTP Path]をメモ
Databricks_JDBC.png

アクセストークン発行
左下の歯車アイコンから、[User Setting]をクリック
Databricks_User Settings.png

[Generate New Token]を選択。トークンの名称と有効期限を任意で入力し、[Generate]をクリック
Databricks_GenerateToken.png

アクセストークンキーが発行されるので、これもメモしておき[Done]をクリック
※紛失するとトークンの使用が不可能になるので注意が必要
Databricks_Token.png

Power BI DesktopにAzure Databricksを接続

Power BI Desktopをインストールし起動後、左上のデータの取得をクリック。[Azure Databricks]を選択し、[接続]をクリック
PowerBI_GetData.png

メモしておいた[[Server Hostname]と[HTTP Path]を入力して[OK]をクリック
PowerBI_Path.png

[Personal Access Token]を選択。メモしておいたトークンIDを入力し、接続をクリック
PowerBI_PersonalAccessToken.png

これで Databricksで作成されたテーブルを取り込むことができます。
PowerBI_Data.png

まとめ

Azure Databricksで作成したテーブルの情報を可視化する事が出来ました。
Power BIの他に、Azure Data Explorerのダッシュボードやworkbookも試しておりましたが、可視化データの共有も考慮したところ、Power BIを利用することで進めます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
0
Help us understand the problem. What are the problem?