Help us understand the problem. What is going on with this article?

[GCP]API経由でCloud Strageへファイルをアップロードする方法

はじめに

API経由でCloud Strageへファイルをアップロードする方法をまとめています。

参考URL
https://cloud.google.com/storage/docs/uploading-objects?hl=ja

アクセストークンの取得手順

1. アクセストークンの取得ページへ移動

以下にアクセスします。
https://developers.google.com/oauthplayground/?hl=ja
(OAuth 2.0 Playground のページです)

2. アクセストークンを取得したいサービスの選択

以下の画面が表示されたら、以下の順番でクリックします。
 1. Cloud Strage API v1
 2. https://www.googleapis.com/auth/devstrage.read_write
 3. Authorize APIs

image.png

3. アカウントの選択

以下の画面が表示されたら、アカウントを選択したのち、「許可」をクリックします。

image.png

4. アクセストークンの発行

以下の画面が表示されたら「Excange authorization code for tokens」をクリックします。

image.png

5. アクセストークンの表示

以下の画面が表示されたら「Step 2Exchange authorization code for tokens」をクリックしてください。

image.png

以下の画面の「Access token」の欄に記載している文字がアクセストークンです。

image.png

API経由でのファイルアップロード手順

1. curlコマンドの組み立て

以下のコマンドを組み立てます。

curl -X POST --data-binary @[OBJECT] \
    -H "Authorization: Bearer [OAUTH2_TOKEN]" \
    -H "Content-Type: [OBJECT_CONTENT_TYPE]" \
    "https://www.googleapis.com/upload/storage/v1/b/[BUCKET_NAME]/o?uploadType=media&name=[OBJECT_NAME]"

入力する内容は以下の通りです。

変数名 入力する内容
[OBJECT] アップロードしたいファイル名
[OAUTH2_TOKEN] 先ほど入手したアクセストークン
[OBJECT_CONTENT_TYPE] コンテントタイプ(テキストファイルなら text/plain など)
[BUCKET_NAME] バケット名
[OBJECT_NAME] バケットに保存したあとのファイル名

2. curlコマンドの実行

上記の手順で組み立てたcurlコマンドを実行します。
するとCloud Strageにファイルがアップロードされます。

備考

アクセストークンは1時間ほどで有効期限が切れてしまうため、定期的に更新する必要があります。
継続的にAPIを利用するための、リフレッシュトークンを用いたアクセストークンの取得方法は以下にまとめています。

[GCP]継続的にAPIを利用するための、リフレッシュトークンを用いたアクセストークンの取得方法
https://qiita.com/hanzawak/items/7355142f884cb56a4d57

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした