Edited at

【2018年2月】忙しい人のためのPower BI Desktop Update

More than 1 year has passed since last update.

忙しい人のためのPower BI Desktop Update

2018年2月アップデート情報のぼく的まとめです。


注意事項


  • このまとめはPowerBI Blog(公式)の内容を紹介しています

  • 内容は、個人的に解釈や試行を加えています

  • 英語が不自由なので、訳や意味などを間違えている可能性があります

  • アップデート内容の網羅はしません。原則、「Reporting」と「Analytics」、一部の「Custom Visual」に絞ります


  • 作成したところから順次公開します。途中で挫折してたらスミマセン・・・(´・ω・`)


Reporting


複数チャートでのフィルタリング

Multi-select data points across multiple charts

レポート内の複数のチャートを使って、

フィルタリングができるようになりましたよーというお話。

ctrl + click で選択すると、そのフィルタがレポートに反映されるようです。


複数ページへのスライサーの同期

Sync slicers across multiple pages of your report

「Sync slicers」機能が追加。

複数ページにスライサーによるフィルタが反映されます。

待ってましたって感じですね。

Sync slicersはView tabから使えますよ。


数値スライサーの改善(プレビュー)

Numeric range slicer improvement - whole number snapping(preview)

数値スライサーの改善。

小数点は丸めちゃいますよ、ということでしょうかね。


ジオコーディングの高速化(WEBプレビュー)

Faster geocoding for Bing maps(web preview)

ジオコーディング高速化するよー。というお話。

これ、現状ではDesktopは関係なく、Power BI Service の話みたいですね。


チャート外へのデータラベル表示

Overflow data labels for bar and column charts

データラベル、今まではデータバーの中に納まりきらない場合は表示されないor外側に表示されましたが、

収まらなくても表示できるようになりましたー。


書式設定&分析ウインドウの検索

Serch the formatting and analytics pane

書式設定&分析ウインドウで、検索ボックスができましたー。というお話。

たくさん機能が追加されたもんね。

ただ、僕としてはこれ操作しにくいんだよなー。

他office製品と同じように、上部のリボンにならないかな?


Analytics


日付テーブルのマーク

Mark custom data tabel

日付テーブルをマークして、日付階層やタイムインテリジェンスが使えるようになったよ。というお話。

ん?これ、今まで日付テーブル作ってリレーションはってたのと何か違いあるのかな?

すみませんが要検証案件です。。。

※以下、とても詳しく記事内で解説されていますー。

・日付テーブルとしてマークする とは


クイックメジャーの一般機能化

Quick measures are now generally available

クイックメジャーがまだプレビューだったのに衝撃(笑)。

すっかり一般機能だと思い込んでました。


DAX関数への追加[UTCNOW() and TUCTODAY()]

UTCNOW() and UTCTODAY()

DAXに、時刻表記に関する関数が2つ追加。

今までのNOW(),TODAY()関数だと、タイムゾーンが異なる人にファイルが渡ると時刻表記がずれちゃうので、協定世界時(UTC)を表示してくれる関数。

グローバルに活躍する人向きの関数ですねぇ。


終わりに

とりあえず走り書きレベルですみません。

英語が不自由な方のために早々にUPしました。

画像とかまた追加します。

が、ブログみてもらったほうがいいかもですね。

個人的には、カスタムビジュアルのNetwork Visualaization and Filter試したい!

ネットワーク系の可視化は面白そうですね。


過去Update記事




正確な情報は、必ず公式ブログ等でご確認ください!

PowerBI Blog(公式)