This post is Private. Only a writer or those who know its URL can access this post.

Article information
Show article in Markdown
Report article
Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Windows版】M5StickCハンズオン環境構築

More than 1 year has passed since last update.

Windows用の環境構築を行います。

Arduino IDEインストール

下記URLの手順に従ってインストールしてください。手元にM5StickCがある方はサンプルスケッチの書き込みまで行ってください。

https://docs.m5stack.com/#/ja/quick_start/m5stickc/m5stickc_quick_start_with_arduino_Windows

gitをインストールする

こちらからexeファイルをダウンロードして、インストールします。

https://git-scm.com/download/win

node.jsをインストールする

下記URLから10.16.0 LTSをダウンロードして実行してください。

https://nodejs.org/ja/

コマンドプロンプトを起動して、下記コマンドでバージョンが返ってくるか確認しましょう。

$ node -v
10.16.0

$ npm -v
6.9.0  // バージョンが違っていても出てくればOKです

Visual Studio Codeをインストールする

Visual Studio Codeをインストールします。既にある方は構いません。

https://code.visualstudio.com/

GitHubアカウントを作成する

下記URLからGitHubアカウントを作成します。既にある方は構いません。

https://github.co.jp/

LINEアカウント

こちらからLINEログインできるか確認してください。

https://developers.line.biz/ja/

Amazon Connectの電話番号を取得する

下記URLの手順に従って、Amazon Connectの電話番号を取得してください。

https://ac-handson-00.netlify.com/

h-takauma
様々なIoT機器の研究開発を行っています。 AWSの研究開発がメインです。LINE API Expert('19〜) 最近はスマートスピーカーに夢中です! 著書「スマートスピーカーアプリ開発入門」https://amzn.to/2o0KGWs
i-enter
「効果」をつねに提供します。スマホアプリ開発No.1の実績。最新のIoTに対応した開発も行います。
https://www.i-enter.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした