Help us understand the problem. What is going on with this article?

Python 今更ながらTweepyを使って、Twitterを操作する

More than 1 year has passed since last update.

前回に引き続き、Pythonライブラリを使ってTwitterを操作していきます。
今回は、ワード検索をして引っかかった人を「フォロー」かつそのコメントに「いいね」をさせていきます。

前回の記事

今回は、「フォロー」と「いいね」をしていくので、「Tweepy」を使っていきます。

Tweepyのインストール

pip install tweepy

これで、「Tweepy」が使えるようになります。

ソースコード

import tweepy

consumer_key=''
consumer_secret=''
access_token_key=''
access_token_secret=''

auth = tweepy.OAuthHandler(consumer_key, consumer_secret)
auth.set_access_token(access_token_key, access_token_secret)

api = tweepy.API(auth)

word = ["","","",""]
set_count = 10
results = api.search(q=word, count=set_count)

for result in results:
    username = result.user._json['screen_name']
    user_id = result.id
    print("ユーザーID:"+str(user_id))
    user = result.user.name
    print("ユーザー名:"+user)
    tweet = result.text
    print("ユーザーのコメント:"+tweet)

    try:
        api.create_favorite(user_id)
        api.create_friendship(username)
        print(user+"をフォローと「いいね」をしました\n\n")
    except:
        print(user+"はもうフォローしてます\n\n")

「consumer_key」
「consumer_secret」
「access_token_key」
「access_token_secret」
上記は前回同様、取得したTwitterで発行したトークンを入れます。

wordに、検索ワードを入れます。

word = ["","","",""]

上記のように書けば複数ワードを

word = ""

このように書けば、単ワードでコメントを検索します。

set_countは検索数をセットします。
検索結果を分解。
ユーザーID、ユーザー名、そのユーザーのコメントを表示して、「フォロー」と「いいね」をしています。
もう「フォロー」しているユーザーを再度、フォローしようとすると例外が発生してしまうので、
try: except: で、例外処理を設けています。

※このシステムで「フォロー」や「いいね」をやりすぎるとTwitter側からロックやアカウント削除などされることがありますので、やる際は、自己責任でお願いします

感想としては、Pythonはすごく便利で、ライブラリ使うとホント楽だなって思います。

参考資料

TWeepyドキュメント

【Python】Tweepyの使い方まとめ

駆け出し眼鏡のプログラミング道場

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした