Edited at

Jekyll + Travis CI + Netlify での設定のコツ

More than 1 year has passed since last update.


仕様など



  • Jekyll でサイトを作る

  • GitHub にリポジトリを置く


  • Travis CI で Jekyll のテストをする


  • Netlify でホスティング


Jekyll + Travis CI

ドキュメントがあるのでその通りに

http://jekyllrb.com/docs/continuous-integration/travis-ci/

なお、 htmlproofer という gem が依存する activesupport のバージョン5.1.1が Ruby 2.2.2以上が必要で、このままだと 2.1.2p95 がデフォルトの Netlify でデプロイがこける。

(なお Travis CI は 2.3.3p222 なので問題ない)

2018.5.7 追記

その後、NetlifyのRubyのデフォルトバージョンが2.3.6になったので不要に


Netlify で Ruby のバージョンを指定する

バージョンは指定できる

https://www.netlify.com/docs/continuous-deployment/

リポジトリのルートに 2.3.3 とだけ記入した .ruby-version というファイルを作るだけ。

現場からは以上です。